さようなら、花泥棒さん

投稿日:2015/12/09 23:50:08 | 文字数:609文字 | 閲覧数:28,085 | カテゴリ:その他 | 全4バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

最低な恋をして曖昧に終わるんだ
案外さ それだけで幸せなのかも
最低な人生で簡単に終わるんだ
案外さ それだけで幸せなのかも

夢の夢のまた夢を見ていたの
シーサイド 子猫の甘い結末

さようなら
花をもぎ取って 扁平足で海辺を走った
軽やかに 軽やかに
さようなら
花を呑み込んで 裸になって海に飛び込んだ
生きている気がしている

「私はね知ってる。嘘を吐くとき君はあごを触る。今もそうやって」

平凡な毎日も数年で終わるんだ
案外さ それだけで悲しくなれるね
最高な君だって簡単に死んじゃうし
案外さ それだけで悲しくなれるね

愛を愛をその愛を食べたいな
she said
「その手で私の首を絞めて」

さようなら
愛をもぎ取って 真っ赤な頬をして裸になる
淑やかに 淑やかに
さようなら
愛を呑み込んで
2人は眠る 汚したシーツで
生きている気がしている

「私はね知ってる。永遠の幸せなんてないんだよ。花も枯れるでしょ?」

それから数日経って浜辺に来たんだ
夜の淵でため息をついてさ
チョコレートみたいに
甘くて苦くてそんな味がする
煙草を吸ったら
朝が来るまで 抱きしめて

さようなら
花をもぎ取って 扁平足で海辺を走った
軽やかに 軽やかに
さようなら
花を呑み込んで 裸になって海に飛び込んだ
生きている気がしている

「私たちもう一度やり直せるかな」
「ほら見て。春が来た」

「花を盗もうぜ」

作品へのコメント14

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    お借りします!

    2020/04/06 13:58:22 From  ゆい

  • userIcon

    その他

    はじめまして
    大豆ちゃんと申します。
    お借りしたいです

    2020/01/20 18:43:38 From  大豆ちゃん

  • userIcon

    その他

    使わせていただきたいです

    2019/11/19 14:07:14 From  wtaa2_

  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りします

    2019/09/16 21:53:48 From  斉樹光葉

もっとみる(14)

もっと見る

▲TOP