千年後の君へ

投稿日:2014/10/02 21:17:04 | 文字数:444文字 | 閲覧数:217 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

終わらない遠い道の先に
君がいるなら きっと探すよと
巡る季節の中 ただ一人きり
叶わない願いを夜空にかけた

退屈な日常の中で
君に初めて出会った
灰色の世界が少し
色づいて見えたんだ

臆病な感情論が 今も
変わらない笑顔を隠したまま

終わらない遠い道の先に
君がいるなら きっと探すよと
巡る季節の中 ただ一人きり
叶わない願いを夜空にかけた

荒廃する白い世界
遠ざかる君の背中
打ち捨てられた傘だけが
胸の奥に焼き付いた

凍えてく感傷論は いつしか
止まらない鼓動を消し去ったまま

戻れない遠い道の先に
君がいるなら きっと信じられる
巡る季節の中 ただ一人きり
届かない願いを夜空にかけた

もう一度 ただ一度だけでもいい
君に逢いたかったから

終わらない遠い道の先に
君がいるなら きっと探すよと
巡る季節の中 ただ一人きり
叶わない願いを夜空にかけた

千年後の君へ その先に
何があっても きっと見つけるから
巡る季節の中 ただ一人きり
確かな願いを夜空にかけた

ミクとルカとIAが好きすぎて辛いです…
絵も描きますが、基本は作詞です。意外に暗いやつが好きだったします。
あと、和風も……。
感想や意見とか、寄せてくれたら、嬉しすぎて死にます!!
基本毎週木曜日に活動しております。作詞、アナログ絵の依頼募集してます。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP