水色照明 歌詞

投稿日:2017/08/05 20:53:36 | 文字数:498文字 | 閲覧数:1,214 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

「水色照明」の歌詞です。
何かありましたらTwitter(@tri_angl_e)まで連絡お願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

水色照明


水槽の中には シャボンを飛ばした
魚のような生き物が
対流の中には 次々増えていく
綿菓子のような生き物が

そうさパステルカラーの今日は
裸足で海に飛び込む
氷漬けのラムネを買って
音を鳴らす
いつか水色ギターを買って
私の音を奏でる
青空に溶けていくメロディー
弾いていく

伝えたいのは いつかの音楽と
私の声 アクリル通して
揺られ揺れる 模様を見つめていた
私はここにいるから


深海の中には 今日も動かない
生きていないような生き物が
群衆の中には 何も分からない
それでも夢を見る者が

22世紀には 僕らを導く
優しい心を持った生き物が
明日の朝には 答えが解ると
宿題を投げた生き物が

そうさロイヤルブルーの街に
アウトサイダーが流れ込む
灰色月曜日の街を
染めてゆく
いつか水色ギターを持って
知らない街へ飛び出す
声にならない言葉を
紡いでいく

伝えたいのは ゲームの中のような
単純なものさ 恥ずかしいほど
口笛を吹く 寂しい時の癖
私はここにいるから

ねぇ

水面に映る外の世界を何の気なしに見ていた
日差しが伸びる水槽の奥でつくりだしたようなうた

曲などを作っています。
営利目的で曲を使用される場合はご連絡ください.

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP