ホワイトメモリア

投稿日:2019/11/13 19:51:40 | 文字数:484文字 | 閲覧数:48 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

冬ですね。
何度も何度も大切な人を思い出す少し悲しいけれど、前向きなイメージです。
重たくならないようにするの難しい…

何度季節が巡っても僕はまた君を思い出す。
自分に言い聞かせるように同じ言葉を。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【ホワイトメモリア】

寂しげな手のひらが
まだ面影探してる
降り積もる雪と、深い闇を結んだ夜

悔しいくらいにまた
ため息 ふわり浮かんで
届かない君を 想う度に顔を上げる

賑わい始めた街照らす
街灯の足元
マフラーで繋ぐ 影が重なった
あふれ出す軌跡 忘れない

S
ほらね 同じ季節が来て
僕はまた君を思い出すよ
幸せ運ぶ神話と踊るメロディ
キャロルに乗せて 響け 君への歌


君のいない右手を
ポケットに忍ばせてる
降り続く雪と、月明かりが寄り添うように

誰に宛てるわけもなくただ
書いたこのフレーズ
君がいたことと、僕がいることと
鮮やかな今に ありがとう

S
きっと 雪が溶ける頃に
僕はまた君を思い出すよ
無力な僕から君に 贈るメロディ
キャロルに乗せて 届け 君への歌

いつか 花が咲いた頃に
君もまた僕を思い出して
不器用に繋いだ手と焦る顔を
笑ってくれたことー

ほらね 同じ季節が来て
僕はまた君を思い出すよ
幸せ運ぶ神話と 踊るメロディ
キャロルに乗せて 響け 君への歌

僕はまた君を思い出すよ
「幸せ運ぶ神話は、嘘じゃないよ」

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP