【応募用】君の声

投稿日:2016/10/17 04:49:34 | 文字数:517文字 | 閲覧数:98 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/t/O1PN
応募作品です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

凍えながら 君と二人でいた
このスタジオに一人で来てる
どこ探しても もう見当たらない
君の幻求めてる

今年また この街に 雪が舞い落ちてくる
どこかにいる君の手にも

甘えたくて いつしかわがままを言い過ぎたかな
君を泣かせた
今さらだけど 許してほしい
なのに時はもう戻らない

今年また この街に 雪が降り積もってゆく
君と見るはずの雪が
隔てなく何もかも白く染めたあとでも
僕の悲しみは続く

何気ない言葉を交わすとき 僕の名前を呼ぶその声
幾度も体を結ばれた 愛しい夜の君のささやき
僕ら二人だけが知ってる歌を奏で歌い合った日々
今すべてが思い出になって 真っ白な雪と共に心の奥に積もる

雪が溶け出す頃 僕は誰か見つけて
新しい笑顔に変えて 君を忘れてしまうかな

それでもふと君の歌声
僕の耳の奥で響く
かわいくて甘い君の声
歌い続けた 僕だけのため

今知らない誰かが君の声を独り占めしてるの?
誰かのためにまた歌うの?
僕の知らない新しい歌を

もし君にもう一度巡り会うことができるとしたなら
本当に君がどう思うのかを聞かせてほしい
僕と過ごした日々を

もう一度
君のその声を聴きたい

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP