【小説】wor L d's end 07

投稿日:2010/03/05 15:27:42 | 文字数:2,686文字 | 閲覧数:227 | カテゴリ:小説

ライセンス:

そろそろ、勘のいい人は、LとRのつながりに気付き始めたかもしれませんね。
新学期始まるまでに二曲つくりたいなぁと思ってます。まだ一曲目の伴奏が出来ていないのだけれど、調声はほぼ完了。いろいろ妥協して。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「大丈夫、大丈夫」

 何度も何度も、ただ無意味に繰り返される言葉。
 ミク姉に抱きしめられた少女は、真っ青な顔をして震えていた。その理由すら、僕には分からない。しかし、少女がひどく怯えていて、ミク姉の声すら耳に入っていないことは分かった。

 ミク姉は僕の存在に気付いたようで、少女の方を気遣いながらも、僕の方へ歩いてくる。ルカ姉は廊下で立ち止まったまま、何も言わなかった。
 メイコ姉たちの姿はない。おそらく、もう帰ったのだろう。

「レン君」

 ミク姉が僕の名を呼ぶ。その瞬間、少女の肩が大きくはねた。そして、ぎこちない動きで、恐る恐る僕の方へ顔を向ける。
 見開かれた瞳が僕を映した、その次の瞬間、僕の視界がぐるりと回った。
 一拍おいて襲ってくる、背中の痛みと息苦しさ。

「レン君!」

 ミク姉の叫び声でようやく、自分が投げ飛ばされて床に叩きつけられたことを知った。
 僕の身体の上には少女が馬乗りになって、憤怒にゆがんだ顔で僕を見下ろしている。先ほどまでの恐怖に満ちた表情に上塗りされた、僕には理由も分からない激情。

 少女の震えた手に力がこもり、僕の腕がぎしぎしと音をたててきしんだ。
 包帯にじんわりと血がにじむ。
 それを少女とミク姉から隠すために、身体をねじって少女の手を振りほどいた。
 それでも、少女との位置関係をどうにかすることは出来ない。

「なんで……」

 震えた声が降ってくる。身体は震えているくせに、少女の声は妙に落ち着きはらっていた。彼女の中で拮抗する何かが、そうさせているのだろうか。

「なんで、あたしを助けたの」

 僕には、少女が何を言わんとしているのか、まったく分からなかった。
 視界の端で、扉が閉まる。ルカ姉がミク姉を廊下へ引きずり出したのだと知った。

「なんで一人で逃げなかったの」

 少女の恐怖も怒りも、僕があのとき、倒れるまで魔法を使い続けたことにあるのだろうか。何故、この少女は僕を嫌い、そのくせ僕のことをこんなにも気にかけるのだろう。
 初対面なのに。

「なんで! なんであたしなんかのために! 助けてほしいなんて、あたしがいつ言ったのよ!」

 少女は、何に怒っているのだろう。「誰に」怒っているのだろう。君が見ているのは、本当に僕なのか?

「……別に、君を助けたわけじゃない」

「嘘!」

「本当だよ。あの状況では、僕も村も、皆危なかった。君一人見殺しにした程度でどうにかなる状況でもないし、第一、逃げ足だったら君の方が早い」
「そんなの知ってる! でも、でも……」

 少女は、僕の胸に顔を伏せて、泣きだした。
 僕は、恐る恐る、少女の背中に手をやった。少女は、僕の手を拒絶しなかった。

 少女が怒った理由も、泣いている理由も、何もかも分からない。分からないけれど、少女が酷く傷ついていることだけは分かった。
 出来る限り優しく、血のにじむ腕で彼女を抱きよせる。
 彼女は僕を嫌っているかもしれないけれど、でも僕にだけすべての表情を許してくれているのだ。

「一人で生きるなんて嫌だよ……だから、だから……」

 分かったよ、僕は死なないから、君のためであろうとも自分を犠牲にはしないから。
 喉まで出かかった言葉を、呑み下す。それはきっと、僕の言っていい言葉ではない。
 彼女が僕に許してくれていることと、決して許してくれないであろうこと……その境界線を越えてしまったら、傷ついた彼女は壊れてしまうかもしれない。
 彼女にとって僕がどんな存在なのかは分からないけれど、彼女が僕を通して他の誰かを見ているのだとしたら、彼女の言葉は僕に対してのものではないのだ。

「ねぇ……」

 彼女は、声にはせず、唇だけで誰かを呼んだ。
 一体誰を呼んだのか、僕には分からないけれど……レン、と呼んだように見えた。

-----

 泣き疲れて寝てしまった彼女をミク姉のベッドに戻して、廊下に出る。立ち聞きしているかと思ったけれど、ルカ姉もミク姉も、そこにはいなかった。
 ルカ姉の声がどこかから聞こえてきて、それを頼りに、狭いリビングの扉を開く。

「あ、レン君……って、ちょっと、その腕!」

 ミク姉は、悲鳴のような声を発して、僕の手を思い切り掴んだ。

「痛いって!」

 心配してくれるのなら、もう少し優しくしてくれたっていいのではないか。

「だって!」

 包帯からもれだして指先まで伝う鮮血に、ミク姉は驚いてあたふたするばかり。
 溜息をつきながら、ルカ姉が新しい包帯を出してきた。ミク姉は、それを受け取ってようやく落ち着き、僕の腕を診てくれる。

「で?」

 ルカ姉は、僕の怪我にはさして興味がないのか、それともミク姉の慌てっぷりに自分は傍観を決め込んだのか、ともかく妙に落ち着いた声で言った。

「あの子は、どうなったの?」

 どうなった、と訊かれて、僕は困った。泣き疲れて眠った、それしか僕には分からない。でも、それでは説明にもなっていないだろう。

「……分からないよ」

 僕はただ、そう口にした。
 彼女が何を思っていて、そしてこれからどうなるのか、何も分からない。それが分かるほど信用されているとも思えない。
 でも、誰かが彼女の理解者になるのだとしたら、それはきっと自分だろうと思った。理由もない、漠然とした確信。

「分からないけど……もしかしたら、その方がいいのかもしれない」

「どういうこと?」

 ミク姉は首を傾げる。

「あの子が話してくれるまで、分からないままでいいのかもしれない。分からなくても、出来ることはあると思うから」

 もし彼女が、ほんの少しでも僕に心を許してくれているのなら、彼女を救う糸口はあると思う。
 たとえ、彼女が本当に怒った相手が、本当に泣きつきたかった相手が、僕じゃなかったとしても。

「……お人好しね」

 呆れたように、ルカ姉が言う。

 確かに、僕はどうしようもないお人好しなのかもしれない。
 でも、少なくとも、ルカ姉が思っているようなものではない。
 僕が彼女を救いたいと思った理由は、博愛でも隣人愛でもない。外見が似ているからでも、彼女が無知だからでもない。うまく言葉に出来ない、他の何かだ。

 魔法使いは言葉を操って強制的なコミュニケーションを可能とする。言葉に出来ない感情というのを、こんなに意識したのは初めてだ。
 魔法使いとして、致命的なことかもしれない。
 でも、何故か、その感情は温かかった。

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP