スティール!!~大切なモノ盗みます~ ―職業・盗み屋 1―

投稿日:2011/05/05 07:31:09 | 文字数:1,616文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:小説

ライセンス:

大国ティンレンでも随一の商業都市シュスに暮らすユーリ。日々平凡に暮らすユーリのたった一つ変わった所。それは職業。ユーリの仕事は……盗み屋だった!!


オリジナルファンタジーです。少しずつ少しずつ進めていきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「ないっ!今日もないっ!!」

 人が行き交う賑やかな街中にある路地裏の一角でユーリは命の次に大事にしている財布をひっくり返しながら声をあげた。

「ここんとこ仕事してなかったからなぁ……仕方ねーっちゃあ仕方ねーんだけどひもじぃぜ……」

 銀貨の形も見えない財布に自然と溜め息が出る。

 ユーリの暮らすこの街シュスは大国ティンレンの中でも有数の商業都市で、そこかしこに店が立ち並び人がごった返している。

 買い物に来ている人、商いにせいを出す人、大人も子供も入り乱れて活気に溢れている街だ。

「仕事はしてぇけど、こうヘラヘラ笑ってる奴らばっかじゃ簡単には見つかんねーじゃんかよ、ったく……」

 ユーリは財布から大通りの方へ目線をずらすと街の人達がイキイキと動き回る様子が目に入って、思わず不満が顔と口に出てしまった。

 シュスで行われている商いは多岐に渡る。衣類や食品を扱う店は勿論、交易が盛んなのもあって観光客相手の土産物屋も多い。

 そんな街で暮らしているのだから仕事などすぐに見つかりそうなものだが、ユーリが生業にしているのは特殊も特殊でそう簡単には金にならないのだ。

「あ~、もうこの際金なんて贅沢言わねーからどっかに食いもん落ちてねーか食いもん!?」
「……うわぁっ!!」
「おわっ!?」

 苛立ちを隠そうともしないでキョロキョロと周囲を見回しながら歩いていると、大通りに差し掛かった所で誰かとぶつかった感触がした。

「わりっ、平気か?」
「うん、大丈夫。」

 手に抱えていたらしい林檎が散らばった中心にうずくまっていた小さな男の子はユーリの声に顔をあげる。ニッコリと笑いながら忙しなく林檎をかき集める姿は何とも言えず微笑ましい。

「ほら、こっちにも落ちてたぞ?」
「あっ、有難う!」

 足元に転がってきていたのでそっと手渡すと、男の子は受け取ってじっと手の中の林檎を見てからもう一度ユーリの手に乗せてきた。

「それ、あげる!」
「あん?」

 自分の手の上のそれと男の子を交互に見る。日の光を浴びて赤々としたみずみずしい林檎はとても美味しそうで、ぶつかった衝撃で忘れていた空腹が一気に甦ってきた。

「いいのか?」
「うん!急いでてぶつかったのは僕だし、それで落としちゃったの拾ってもらったから……お礼!」

 男の子の言葉にユーリは考え込んだ。

 厳密に言えばこの林檎を受け取る理由はない。ぶつかったのは注意力散漫だった自分にも落ち度はあって、男の子だけが悪いわけではないのだから。

 しかし如何せん今のユーリはお腹が空き過ぎていた。少しでも気を抜けば盛大に腹の音が鳴り響くだろう。

 金は無い。手持ちの食べ物も勿論無しだ。

 そんな時に目の前には美味しそうな林檎が一つ。

「……なら、遠慮なく貰っとくぜ。」

 ユーリは手の中の林檎をしっかりと握り締めていた。

 どんなに意地を張っても腹が減っているのは事実なのだから背に腹は変えられない。人間、食欲には勝てないものだ。

「ん、んまい。」

 欲望のままに手の中の林檎に歯を立てると、爽やかな甘さの果汁が口一杯に広がっていく。その林檎の味に思わず笑みが漏れた。

 そんなユーリの様子に、男の子は嬉しそうに笑みを浮かべて立ち上がる。

「サンキュな!丁度腹減ってたんだ。」
「良かった!じゃあ僕、急いで帰らないといけないからっ!」
「おうっ、じゃあなっ!」

 両手一杯に林檎を抱え直して駆けていく男の子の背に声をかけながら、ユーリは自分の歯形のついた林檎を見つめた。

 思わぬ所で食料が手に入ったものだ。突然幸運が舞い込んできたなら仕事も見つかるかも、などと考えながらもう一度林檎をかじる。

「よしっ、仕事探すかっ!!」

 食べかけの林檎を空に向けて放り投げて気合いを入れながら、キャッチすると同時に歩き出した。

文字に関わる仕事がしたい人間です。
頑張ります!!

文字関係のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡下さい。精一杯やらせて頂きます。


mirusinjou@coast.ocn.ne.jp

こちらまでご連絡下さいm(_ _)m



ブログ→http://mirusinjou.blog.fc2.com/
twitter→ID:mirusinjou
skype→ID:mirusinjou






プロフ画像はアイコン・ショップ様で制作して頂きましたvv
http://piapro.jp/collabo/?view=collabo&id=11219
作成して下さった深守都様
http://piapro.jp/mist3310

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP