神様ゲェム・1

投稿日:2013/01/24 17:34:39 | 文字数:3,206文字 | 閲覧数:204 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

お久しぶりです。アストリアです。

コレを最初に読んだ人は、プロローグを読むことをオススメ!!するよ!!(((((氏ね

きっと皆さんこの話の内容を……てか私のことすらも覚えていないのでしょうが、とりあえず生きてます。さーせん。


オリジナル作品なので、矛盾点やらおかしなところが一杯あるだろうけれど、どうかお手柔らかに神様ゲェム、お願いします。



………あ、夢喰い白黒バクもちゃんとやるよ!!!((


次Pに登場人物作りました。毎回更新です!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「ここは……?」

ミクが目覚めたのは、辺り一面真っ白な世界だった。

「えっと、確か……あれ?」

ここに来る前のことを思い返す。

「クオと一緒に学校行く途中で、車に轢かれて……」

鮮明に覚えている。ついさっきのことだ。

「あの時私、クオに……押された?」

道路に飛び出す直前、ミクは確かに立ち止まったはずだ。赤信号になっていたこともよく覚えている。

だが、背中に衝撃があったと思えば、自分は道路の真ん中にいて、車が目の前にあって―――

「………っ」

いや、そんなはずは。
それはない。と、

そう、信じたかった。

「お姉さーんっ」

「…へ!?」

肩を叩かれ、声のした方へ振り向くと、

「……大丈夫?ですか?」

綺麗な金髪のよく似た男女。年齢は中学生くらいだろうか。

「ええと……大丈夫、だけど……あの、ここは……?」

「「わかんない」です」

二人同時に同じ言葉を放った。男の子の方は敬語だったが。

「私たちも気が付いたらここに居たんですよ。何なのか、あたしたちが教えて欲しいくらいです」

「他にも何人か居ますよ。ここに来てる人」

「むしろ『連れられた』とか『夢の世界』だったりして!」

「あ、ねぇねぇ!そういえば、夢の世界には住人が居て、そのトップが「夢喰い白黒バク」って言うんだって、リン」

どうやら女の子は「リン」という名前らしい。

「へー、何それ知らなーい!てかいきなり関係ない話ぶっこんできたなー」

「んー、今急に思い出して、さ?てか、僕もどっかで聞いただけだから……ホントかは分かんないよ」

「まぁまぁ、信じてるが勝ちだよ、レン」

男の子が「レン」という名前のようだ。

よく似ている。双子だろうか?

「何の勝負だよ……」

そう呆れたように言うレンは笑っていた。

「えっと……二人の名前は?」

下手に呼んで、間違えていたら失礼なので、ちゃんと訊いておく事にする。

「あぁ、あたしは鏡音リンっていいます!」

「僕は鏡音レン。リンとは双子で、僕が弟です」

レンのほうがしっかりしていて、兄かと思っていた。名前は合っていたようだ。

「へぇー……男の子と女の子の双子、実際見るのは初めてだな……。私は初音ミク。あっあと、敬語じゃなくっていいよ」

「あ……そう?じゃあーよろしくっ、ミク姉!」

「お前、さっき「お姉さん」って呼んでたのが離れないんだろ」

「あーいやまぁ……でも、いいよね?ダメ?」

「別に、大丈夫だよ。よろしく、リンちゃん、レン君」

「「うんっ、よろしくっ!!」」

眼前の双子は無邪気に笑った。

と、その瞬間―――――



『お集まりの皆様、こんにちはー。只今よりー、「神様ゲェム」の説明をしま―す』



スピーカーも何もないのに、どこからかいきなり声がした。思わず、三人ともきょろきょろと辺りを見回した。

『突然ですがぁー、皆さんは死にましたー。ここはぁ、現実世界じゃありませーん』

そう「誰か」が言う。

「え?どゆこと?」

リンの呆けた声が聞こえた。

ミクは、いきなりのことに驚きながらも、あぁ、と納得がいった。


―――やっぱり、死んだんだ。


そんな思いが、ミクの脳内で廻っていた。

『一日にこの世界で亡くなる何百、何千もの人たちの中から貴方たちは選ばれましたー。おめでとうございまぁす』

「ちょ、え、なにゆえ!?」

「リン、落ち着いて」

リンとレンが言葉を交わした。

『そんなー、すばらすぃー皆さん同士で、これから戦ってもらいまっす』

何も答えず、淡々と「解説」は声を紡いでいく。

『勝利した最後の一人がこの世を統べる神に。負ければ、皆さんの「一番大切なもの」を消去して、現実世界へ生き返らしてあげまーす』

そんなの、負けたほうが。そう、ミクは呟いた。

それに対し、リンは、

「でも、一番大切なものが無くなっちゃうんでしょー?」

「一番、か……それが無くなったら、生きていけるのかな…」

「へっ?」

レンの返しに、リンは素っ頓狂な声を上げた。

「だって、一番だよ?家かもしれないし、お金かもしれないし、友達、家族…「人」の可能性もあるんだ」

レンがそういうと、双子は黙りこくった。

『そこでぇ、皆さんにはー、武器と能力をあげちゃいますー。「一番大切なもの」の名前も共に明かしちゃいますぅ』

「ぶ、武器……?能力……?えっ…」

ミクは、誰にともなくそう言った。

だが、「解説」の声は止まらない。

『それではー、第一ゲームの説明をしますー。ルールはぁ、これから武器などと一緒に皆さんに三枚のコインを配りますぅ。それを両腕と首に装着し、ゲームが始まったら他の人のコインを取りますー』
『終了時、コインの所持数が多いものから勝ち抜けですー。コインを取られて、自分のコインが0枚になってしまったらその場で負けと見做されますー』

ミクたちは、告げられていくルールをただ黙って聞いてるしかなかった。

『一人が一人から取れるコインは一枚のみ。一人を狙い、一気に2,3枚ゲットすることは出来ません』
『能力、武器の使用は勿論自由でーす。戦闘により亡くなった場合、または失血などの理由で死んでしまった場合、敗北となり、強制ゲームオーバー!!って感じですー。ほんじゃっ』

瞬間、白い地から壁の様なものが出現し、ミクとリン、レンの二人を断った。
そして周りを囲い、一つの空間が出来上がり、ミクは孤独な気持ちに苛まれた。

「リンちゃん!?レン君っ!?」

壁を握った拳で叩いてみるが、びくともしない。

どうしよう、とミクが考えた、その時。

「っっ!?なにこれっ!?」

地からまた何か出てきたと思えば、それはテーブルのようなものだった。

ミクの胸くらいの高さまで上がってくると、突然蓋のように開いた。テーブルと言うよりは箱、だろうか。

「……?」

中を覗き込むと、そこには緑色のコインが三枚と、折り畳まれた紙が二枚入っていた。

「何だろ、コレ……」

二枚のうちの片方を手にとって開くと、

「な、ちょ……えっ!?」

文字が急に輝きだし、ミクを照らしていく。

ほんの数秒で光は消えていき、目が慣れる様になると、文字がしっかり読めるようになった。
そこには、

『全てを初めに戻す能力』

という文ひとつ。

まさか、と呟きながら、わざと髪の淵で指を切り、赤い血が流れてくるのを確認すると、そこに片方の手をかざしてみる。何も考えずに行った行為だった。

(この空間に閉じ込められる、初めに……)

「……嘘」

じゃない。小さな痛みは引いていき、流れた血も消えてしまった。

信じられなかった。指に傷なんて付いていない。消えた…いや、戻ってしまった。

「じゃあ、こっちは……!?」

もう一つの紙に手を伸ばし、勢いよく開くと、そこには。


『初音ミクオ』



「……嘘だ、いやだ、やだ、いやだ……うそ、だぁ……っ」

分かってしまった。直感的に、気付いてしまった。

「私の「大切なもの」はクオ……負ければ、クオが消えてしまう……」

本音を言えば、他人に勝ちを譲って、元の世界に帰ってしまいたかった。
そうすれば、他人の大切なものを奪わなくて済む。そう考えていたからだ。

「あーあ……。そんなの、もう……勝たなきゃ、いけないじゃん。負けちゃ、ダメじゃん……!!」

ミクはその場に座り込んだ。

「……?なにこれ」

足元に何かが置かれている。手に取ると、その切っ先が鈍く光った。

「この短剣……武器、かぁ。……よし、……頑張るかっ」

箱からコインを取り出し、それについていたバンドを両腕、首にはめた。

ミクにもう、迷いなど無かった。

鏡音かっこ可愛いよ鏡音!オススメはイケレンとツンデリンだn((聞いてねえ

↓ブログお引越ししました
http://ameblo.jp/kagaminethion/
そしてつぶやきツウィットァー((ネイティブ  @asutoria02

アイコンはお友達のゆーちゃん(てほあ)に描いて頂きました!!

ヲタってしまっている鏡音廃の中学生です。
インドア派、外が嫌いなダメ人間。夜行性。そして変態。

リンレンが…かわいいお―――hshsしつつmgmg((
ヘタレとクーデレに萌える今日この頃。腐ってなんか…いるよ!((ぇ

メッセ、フォローなどなど本当に有難うございます!
お友達になってくださる心の大きな方はメッセ等よろしくお願いいたします。

小説でのリク、アドバイス等あればお気軽にお願いします!

千葉県在住、まだまだ未熟ですがDIVAアーケード厨!

一応女ですww誕生日は4・30!春…ですね…ww



ボカロカップルと言えばクオミク、クオレン←、リンレン、ミヤレン(((、ミヤグミ、カイメイ、リトレカ、テトテド…ほかにも沢山思いつきますが、がくぽは孤独w、ルカ様は孤高であってほしいです。ビバクールビューティー!
レンミクなんぞ認めん!ミヤリンもだ!だがクオリンは認めるww

ルカ様は、ルキとならおk!むしろくっつけこの野郎(((タヒ
最近はクオグミとか増えないかなーなんて思ってみたりw


と、いうふうに妄想が大好きなksですが、どーぞよろしくお願いいたしやす。。。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP