タイトル未定

投稿日:2013/06/10 01:05:23 | 文字数:457文字 | 閲覧数:704 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

ぐにょがいま作ってる曲の歌詞です。
Aメロ部分ちょっとかえるかも。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風に吹かれ揺れる星の光
鋭い月のような

嘘みたいだ とても小さくて
すぐにも届きそうな


離れないで
手にした花の名前なんて知らずに
あんまり寂しくて
消えてしまいようだよ 


あふれ出す愛しさと
永遠の夜に揺られて
透き通った声が今も
僕の中で無限ループなのさ

誰にも邪魔されない
輝いて見えた約束
薄汚れた僕の目にも
映る涙ひとつ流れていく


薄暗い部屋の片隅から
空へと そのすべてが


雨の中で 立ち尽くしていたことなんて知らずに
君の優しさに 心が痛いよ


臆病な眼差しの
天使の姿に惹かれて
今が最後で 次の世界まで
何度でも 無限ループなのさ

誰にも止められない
微かな炎が揺らいだ
紡いだ糸 細く切れて
また会う日まで 今回はさようなら
 

僕の前に花が 白く咲いた
綺麗 綺麗 とても綺麗 君は


あふれ出す愛しさと
永遠の夜に揺られて
透き通った声が今も
僕の中で無限ループなのさ

誰にも触れられずに
目を閉じた君はこのまま
薄汚れた僕の目にも
浮かぶ涙 ひとつ流れていく

ぐにょに歌詞を提供するアカウントでございます。

ぐにょぐにょしてきた。 大体ここ→http://www.nicovideo.jp/mylist/28437745

ついた@10chouoku

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP