ミゾレユキ 歌詞

投稿日:2019/01/17 21:51:46 | 文字数:394文字 | 閲覧数:164 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ミゾレユキ 歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

みぞれ雪が降り始めた頃
ひとひらな心は
かじかんでゆく
笑顔が痛くて
優しさを不意に感じる

歌うよ
永訣の朝に
一雫のあまゆき
ふわふわ落ちて
溶ける魔法を信じて

うすく赤い雲の下で
ほわほわあまりにもきれい
出会って別れていくことは
不思議なものだね

みぞれ雪が降り始めた頃
ひとひらな心は
かじかんでゆく
笑顔が痛くて
優しさを不意に感じる

歌うよ
永訣の朝に
一雫のあまゆき
ふわふわと落ちて
溶ける魔法を信じて

あの日、朝焼け、
願いが叶う
雪の話をしたよね

吐き出す言葉に
魔法をかけたら
嗚呼、答えて

みぞれゆきが降り始めた頃
ひとひらな心は
触れた手の中
体温感じる
今までホントにアリガト

最後に言いかけた言葉
別れの朝に似合わぬ
満面の笑み
僕もつられて笑った

みぞれ雪が降り始めた頃
ひとひらな心は
かじかんでゆく
笑顔が痛くて
優しさを不意に感じる

曲作って動画上げてます。企画お気軽にお誘いください。ボカロ曲も作ってます。

ニコニコマイリス
http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/59954399

youtube
https://www.youtube.com/channel/UCAVKwKn6A3vrTHwuGxUQ0gg

twitter
https://twitter.com/osumanteikoku

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ミゾレユキ

    by 神様うさぎさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP