私の特等席

投稿日:2017/10/31 16:58:27 | 文字数:445文字 | 閲覧数:117 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

いのし課長Pさんの楽曲(http://piapro.jp/t/bdC_)に寄せて書かせていただきました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(1)
(A)
星屑をばら撒いたような夜
傾けたグラスの向こう 
街がゆれるわ
青くかなしく 滲んでく…

(B)
まさかあなたに逢えるなんてね
ずっと私に気づかないで…
街の灯がなぜか温かい
寂しさと響き合って ちょうどいい

(C)
別れは卒業だから
あなたへは帰れないの
「さよなら…」

(サビ))
ああ
この街 すべて
私を埋めてゆく
この街が心 私のものよ
Saturday Night in TOKYO
まだ帰りたくないの
お願いよ

(2)
(A)
星のないTOKYOの空は
暗くて私がなくなってしまいそうで怖いの
だからマスター 強めで

(B)
まさかあなたに逢えるなんてね
思い出はいつも美しい…
街の灯がどこかせつない
愛だって壊れやすくて 夢の夢ね

(C)
別れは旅立ちだから
あなたへは帰らないの
「お元気で…」

(サビ)
ああ
この街 光
私を満たして
この街が私 生きているの
Saturday Night in TOKYO
まだ眠らないでいて
お願いよ

とにかく歌詞を書かせていただきたくて登録しました。
曲先で作詞修行中であります。
よろしくお願いいたします。
Twitter:
https://twitter.com/_frangi_pani_

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP