【重音テト・欲音ルコ・雪歌ユフ】追憶のカムパニルヤ【歌詞】

投稿日:2011/06/14 22:08:31 | 文字数:1,191文字 | 閲覧数:467 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナル曲『追憶のカムパニルヤ』(http://www.nicovideo.jp/watch/sm14606911)の歌詞です。
【】内には、メインボーカルを担当しているキャラクター名を書いています。
間奏などにたびたび登場する英語っぽいものは、タガログ語をもとにした造語です。
一応こんなかんじで発音しています、という読み仮名をくっつけてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[追憶のカムパニルヤ]
製作:フリーサイズ(汐日・とまと・白鴉)
作詞作曲:汐日
歌:重音テト・欲音ルコ・雪歌ユフ



A
【重音テト】
鐘の声が三つの
時を数え 宵が覚めるころ
黎明の翼(はね)求め さまよう
旅が目をあけた

朝靄を切り裂く
蒼の剣(つるぎ) 白みだす空に
暁の両手で
別離の扉(と)をひらく

B
【雪歌ユフ】
春告げの鴇(とり)
孤高の獣
悪魔の歌う
睦言を信じて

【雪歌ユフ】
私は祈る
【欲音ルコ】
戦う
【雪歌ユフ】
永久(とわ)の平和を
【欲音ルコ】
安息を
【雪歌ユフ】
籠鳥(カナリア)は眠り
闇の中に堕ちてゆく

【三人】
enggrana (エングラーナ)
deo wiz (ディオ ウィス)
rei che lina (レィ チェ リナ)



【重音テト】
風はやがて歪み(ひずみ)
星の海は 涙をこぼす
方舟(ふね)つなぐ碇(いかり)は
解き放たれるでしょう


【雪歌ユフ】
手と手をとり
歩いた小路(みち)
甘く色づく
薔薇の花園(らくえん)

【重音テト】
それはそれは
麗しい御伽噺(おはなし)
夢幻の岸辺は
遙か彼方へ消えてゆく

C
【欲音ルコ】
歯車は廻る
連なる運命(さだめ)をのせて
【重音テト】
時を刻み
一縷の希望 託して
【欲音ルコ】
歯車は誘う (いざなう)
再び巡り会うため
今、この手で
紡ぎだす哀歌(メロディ)

【三人】
dee liz (ディ リス)
dul si (ダル シ)
wan es (ウォ エス)
twle the (トゥル ザ)

Hyiel nes (ハイ ネス)
Cell de (ツェル デ)
Li veeth (リ ヴィス)
e whole ta (ア ウォル タ)



~間奏~



A´´
【雪歌ユフ】
願いごとはひとつ
「もしもまた巡り会えたなら
赦してくれますか?」
【三人】
鬨(とき)の花宴(うたげ)に
共鳴(ひび)き合う 贖罪の唄


【欲音ルコ】
歯車は軋む
いびつな光をのせて
【重音テト】
狂おしいほど
色あせぬ想い 託して
【欲音ルコ】
歯車は詠う(うたう)
幼き契りのために
【重音テト】
今、奏でる
ひとつだけの郷愁(ハーモニー)

【三人】
de liz
dul si
wan es
twle the

Hyiel nes
Cell de
Li veeth
e whole

li cuellwho wiz (リ チュウォ ウィス)
he reina (ヘ レナ)
es do mena gleey (エス ド ミナ グリー)

enggrana
deo wiz
rei che lina
ha twle wa nicca (ハ トゥル ウォ ニッカ)

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP