月の憧憬 歌詞

投稿日:2018/07/13 00:02:44 | 文字数:398文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「月の憧憬」という曲の歌詞になります

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

解けた夜に咲く 顧望に月時雨
顎門を傾けている 公園で一人

暗い毒の海 広い人生の航海を
三途を見るまで 生きて行くらしい

代替 解体 貴女の眼に映る
路傍の石に等しい僕
そのまま想うは請い願う寂寥
灯を割いた切な夢を

「月に行きたい」と言った
貴女と居たかった
「先に行けば良いのに」
夢の続きの事

月に憧憬を捧ぐ

素晴らしい機微の 鮮明な記録
有り余る創造の声 貴女の行方に

外界 媒介 僕の目に映った
月から来たような貴女
ここから想うは愛や道理の無い
ただ二人きりの世界のみ

月に行けるような
美しい夜だった
一輪の貴女が
夢の先で祈る

咲いているようだった

「月に行きたい」と言った
貴女と居たかった
「もう行ってしまうのでしょう?」
行きたくなど無いのだ

貴女が微笑んだ

月に行けるような
美しい夜だった
一輪の貴女が
やがて散って行った

月の憧憬を見ていた

よろしくお願いします。
曲を作っているものです。


【Link】

Twitter:https://twitter.com/aogiri_818

MY HP:https://aogiriofficial.jimdo.com/

niconico(Mylist):http://www.nicovideo.jp/mylist/59385075

YouTube Channel:https://www.youtube.com/channel/UCixFw5s5BmzjdiahYEF6XfQ

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP