夜明けを前に

投稿日:2020/09/28 22:37:09 | 文字数:978文字 | 閲覧数:4,519 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

ロカルツPさんの歌詞募集に応募させていただきました。
https://piapro.jp/t/RgpX

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

誰にも悟られず
ここで全てを 終わらせることも
風に笑われてる
孤独なつもりでいても

僕じゃなければ、とか 今も締め付けるほど
永遠の夜を見上げて 想う人は
いつも君だった

愛してると告げた
あの日からきっと 僕の知らないところで
君は大人になる そうさ幸せにもなる
それでよかった
また君にめぐり逢えるまでは

闇雲に閉ざした
錆びた心の いびつな扉を
叩く手 止めた日の
ふるえる声と 靴音

僕のことは、とか 今も締め付けるけど
夜明けの冷たい 水鏡の向こう側
涙が写った

ありがとうをくれた
君はもうずっと 僕の知らないところで
大人になってゆく 違う道を歩んでく
それでいいのに
まだ君を求めているなんて

ありがとうをくれた
君の言葉が 心が 僕をほどいてく
悲しませたままで 独りきりにしたままで
終わりたくない

愛してると告げる
その日からきっと 誰も知らないところで
君と生まれかわる そうさ幸せにもなる
それがすべてさ
もう君を離さないと決めた


***譜割り***

だれにもさとられず
ここですべてお おわらせることも
かぜにわらわれてる
こどくなつもりでいても

ぼくじゃなければ とか いまもしめつけるほど
えいえんのよるおみあげて おもうひとわ
いつもきみ(だっ)た

あいしてるとつげた
あのひからきいと ぼくの しらないところで
きみわおとなになる そおさしあわせにもなる
それでよかあた
またきみにめぐりあえるまでわ

やみくもにとざした
さびたこころの いびつなとびらお
たたくて とめたひの
ふるえるこえと くつおと

ぼくのことわ とか いまもしめつけるけど
よあけのつめたい みずかがみのむ(こう)がわ
なみだがう(つっ)た

ありがとおおくれた
きみわもおずうと ぼくの しらないところで
おとなになあてゆく ちがうみちおあゆんでく
それでいいのに
まだきみおもとめているなんて

ありがとおおくれた
きみのことばが こころが ぼくおほどいてく
かなしませたままで ひとりきりにしたままで
おわりたくない

あいしてるとつげる
そのひからきいと だれもしらないところで
きみとうまれかわる そおさしあわせにもなる
それがすべてさ
もおきみおはなさないときめた


※カッコ内は1音を想定しております。

〜想イノ雨ヨ、君ニ降レ〜
ヘッダーは下弦さんに描いて頂きました!

歌詞書きやっております。
コラボしていただける方、
また曲つけたい歌詞がありましたら、
気軽にご一報ください。

なお、使用端末はiPhone7です。
不便なこともあるかと思いますが、
よろしくお願いします。

ちなみにアイコンは本人です笑

尊敬 スピッツ/GRAPEVINE/吉澤嘉代子/松本隆

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 夜明けを前に/ feat. Fukase

    by ロカルツPさん

▲TOP