線香花火

投稿日:2018/07/27 12:55:36 | 文字数:588文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作曲者:HelMet 様
下記音源に応募用として書かせていただきました。

記: https://piapro.jp/t/blgM

結果は没となりましたが
今回の作詞を振り返って このような曲調の曲は
改めて好きだなと思いました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
8月頃が過ぎたころ
まだまだ暑い季節

波のよう(お)な 人達を避(さ)け
夏をならび歩いた
1B
まるでホタルのよう はしゃぐ背中
花火を手に
星が耀(かがや)きはじめたころ
火をつけた
1C
線香花火 あざやかな火に
思い出を一つ重ねた
彩る星が 夜空に浮かんだら
花びらは輝(かがや)きだすだろう

線香花火 あざやかな日々
横顔が二つ浮かんで
肩をならべて 寄り添いながら
はじける 花びらが落ちた

2A
夏祭りもひかえたころ
まだまだ容赦(ようしゃ)ない陽(ひ)

暑苦しい 人波を避(さ)け
まだ先は長いけれど
2B
河川敷歩いて 風を感じて
袖が揺れて
足元がすべらないよう 手にふれた
2C
線香花火 かがやいた火に
変わらない時間(とき)を数えて
目の前の宙(そら)に 笑顔が浮かぶから
花びらは熱をおびてくの

線香花火 かがやいた日々
変わらない想いかさねて
肩をならべて 寄り添いながら
ふれた手 花びらが咲いた

D
まぎれもない この人生の
すれ違いや願いを求めて
二人は出会い 言葉交(か)わし
大切な人 存在なのだから

3C
線香花火 あざやかな日々
得意げな顔を浮かべた
夜空の星が 唄をうたうから
花びらは輝(かがや)きをますの

線香花火 大切な君
打ち上がる星を眺めて
肩を抱きしめ 寄り添えたなら
濡れた目 花びらが落ちた

初めまして、くうしき と申します。
主に歌詞募集中楽曲への作詞投稿ならびに 
歌詞先での募集提案の投稿を中心に活動させて頂いております。


 
 【空志紀参加作品マイリスト】
http://www.nicovideo.jp/mylist/58482117
今まで参加させて頂いた作品を まとめてみました
1コーラスでもご鑑賞頂ければ幸いです。



各締め切りに間に合うか分かりませんが
歌詞募集中作品を、こっそりブクマさせて頂いてる事があります。
まだまだ手探りになりますが
ご一緒に作品作りさせて頂ければ嬉しいです
よろしくお願いします。


Twitter - @kuushik1

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP