ハルシオン・スノウ

投稿日:2019/02/19 20:05:54 | 文字数:353文字 | 閲覧数:106 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34658132

こちらの歌詞になります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ハルシオン・スノウ

北風唸るように
この街過ぎてゆく
舞い散る雪の中で
凍えたキミにキスした

儚く溶けて仕舞いそうな恋
笑えない下手な嘘さえ愛しくて

声も顔も爪も吐いた息さえ
一つ残らず私だけの物
長くは無い二人の時間が
過ぎ去っても傍に居て

積もり積もった白い愛が
本当のこと隠して仕舞う
雪崩みたいな気持ち
滑り止められ無い
離れよう別れようとしても
答えぐるぐる空回った
いっそ自分消して仕舞えたら
楽なのに

守ることなんて出来ない約束
何時までも抱えたまま凍りつかされ

何処で 何を 二人 間違えたのか
分からない戻れやしないよもう
優し過ぎたキミの言葉が
何時でも僕を惑わす

声も 指も 白い素肌も
全てを僕に与えていて呉れた
此処で キミと 共に居れたら
生命も何も要らないんだよ

オフボ音源は歌ってみたのでの投稿使用やカラオケキャスなどであればご自由にどうぞ。

なにかあればtwitterまでお願いします。
twitter @tzp21

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • ハルシオン・スノウ

    by TZさん

▲TOP