喘鳴(ゼイメイ)

投稿日:2021/01/18 18:48:38 | 文字数:343文字 | 閲覧数:17 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

外壁工事の薬剤の臭いで
発作を起こしかけて眩暈がして
酸欠になった実話を元にしています。
布はマスクのことだったりして。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

喘鳴(ゼイメイ)

唾液で溺れた布のなか

カエルみたいに泡噴いてさ

精々全員 理論整然

口開けて待ってろ

堕落 怠惰 許さない社会

息殺して 自我も死ぬ

悩むだけ無駄
無惨に暗転好転もしない

今どきガラス割って満足か?
そんなワケない


嘲笑自覚する脳裏
ウザったい耳鳴り吐き気がする

眼を綴じたなら消える
見たくない景色何もかも…

耳を塞いだなら
もう聞こえない声は遠ざかる

ぐらついて崩れた身体
溶け出す思考

セメントで固められた
痛みを忘れさせて…

誰かが誰かの名前を呼んだ
纏わりつく臭いが擽る


白く染まって(僕は)誰からも
見えない壁となって眠る

お初に御目に掛かります。
蒼彩瑞季(あおいみずき)と申します!
お力添えを頂きながらゆっくり投稿して参ります。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP