北極星

投稿日:2011/09/01 23:27:08 | 文字数:578文字 | 閲覧数:50 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

アイラブユーはどうしても終わらない。


我ながらクサくて不幸な詞だと思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【1A】
寝苦しい夜に 夢に出てきた
君のこと抱きしめた
君はほんのちょっと 僕に似た声で
「キミは勝手だ」と笑った

【1B】
離れ離れになってからもう かなり経ったけど
味の無いガムみたいな 愛がまだ胸に 残ってる

たぶん君もきっと

【1S】
北極星を見つめひたすらに
どこまでも走ってゆけるなら
いつかふたりのおでこが
ぶつかりあうでしょう
あんなに寒い場所で


【2A】
君に二度目の 告白をした
よく晴れた秋の夜
君はほんのちょっと 泣きそうな声で
許さない まだ って言った

【2B】
内緒話の続きみたいな 恋だったけど
手放したものは多く 忘れられたことは 少ない

たぶん君もきっと

【2S】
北極星を見つめひたすらに
どこまでも走ってゆけるなら
いつかふたりのおでこが
ぶつかりあうでしょう

何回だって君を大げさに
笑わせたげられるよ今でも
まるで変わらないテンションで
肩を抱いてみせるよ
あんなに寒い場所で


【C】
幸せなら もうそれでいい
間違いなく そう言えるよ


【3S】
北極星を見つめひたすらに
どこまでも走ってゆけるなら
いつかふたりのおでこが
ぶつかりあうでしょう

何回だって君のその名前
叫ぶことができるよ今でも
もしも君がもう知らない人になっていても

あんなに寒い場所で

永遠にズレない座標で

カリカリ歌詞を書きます。それはもう。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP