ヨヒラ

投稿日:2018/03/09 17:48:07 | 文字数:469文字 | 閲覧数:5,311 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夕暮れは彼岸花 夜は憂の色
さよならの呪文で
さぁ、君を忘れたのさ

夏影のかかるは紫陽花の縁
昨日の誠は今日の嘘
君だけを覚えてる

これでいいんだよ
なぁ、忘れたいんだよ
ただ昨日も明日も明後日も生涯息苦しいから

並に出来ないまま、人になれないまま
見えた君の影法師が胸を焦がしている


せきをする寂しさ ひとり、憂の色
夕暮れは静かだから
夏風の走るは想ひ出の街
夕暮れの静けさだけ

からす泣いて君もひとり
あの空を覚えてる

これでいいんだろ、なぁ
忘れたいんだろ? なぁ
自分が楽に生きたいから今日も逃げ続けたんだろ

並みにできないから 人になれないから
それが言い訳だろうとほっといてくれよ

君だけを覚えてる

これでいいんだよ
なぁ、忘れたいんだよ
ただ昨日も明日も明後日も生涯息苦しいけど
並に出来ないから、人になれないから
君の想い出だけが見たい

忘れたいんだよ、忘れたいんだよ、これでいいんだよ、忘れたいんだよ、忘れたんだよ

これでいいんだろ、なぁ
忘れたいんだよ

ただ今も君の影法師が胸を焦がしたまま

ナブナです。曲作ってます。ニコニコ動画に投稿した分はこちらです→http://www.nicovideo.jp/mylist/30722660

 twitter→@nabuna2 

もっと見る

もっと見る

▲TOP