【作曲者募集】満月のフルコース

投稿日:2012/03/03 18:51:19 | 文字数:621文字 | 閲覧数:128 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

いそいそと坊ちゃんのお見舞いに向かう僕(しもべ)。しかし彼女の行く手を阻むのは一匹の狼だった。
「さぁ、そこを通して頂戴な」
赤ずきん×吸血鬼をモチーフに書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[1A]
夕日が沈み 月が見え隠れする
「あら大変 坊ちゃんのお見舞いへ」
愛読書(ほん)と フルーツと それを切るナイフ
そうだ 白薔薇(おはな)も忘れずに

[1B]
森の小道を いそいそと歩く
なのに どうして こんな時についてくるの
狼(彼)の視線が じりじりと近付く
もう嫌んなっちゃうわ

[1S]
私の前に訪れ 頭を垂れながら
「やぁ、今晩は」なんて
かしこまったフリして 嗚呼、下賎な奴だわ
そんなに私が好きならば
愛してあげましょう この刃で


[2A]
窓の外を見やると 白く輝いた満月
「ボクの僕は まだ来ないのかな」
腕から零す 血(それ)を舐め取りながら
彼女の作る ご褒美(デザート)を待つ

[C]
狼(彼)の躯から溢れた 真っ赤な涙は
留まること知らずドクドク 毒々しく
アナタの愛を包んで 妬いて パイにでもしようか
きっと素晴らしく甘くて 素晴らしく上出来ね

甘美なお味にね くらくら
根暗な坊ちゃん目覚め出す
濃厚なお味にね ぐらぐら
思考がだんだん侵される
真っ白な薔薇なんて あのお方には似合わない
さぁ さあ 赤く 赤く 染めあげて


[ラストS]
ノックの音が 部屋に鳴り響く
「お坊ちゃま、ゴキゲンは如何ですか」なんて
かしこまったフリして 嗚呼、穢い奴だね
ディナーの後にパイを食べながら
ぼくは俯いて 嘲(わら)った。


おはこんばんちは、じゅーんと申します。

只今作曲を勉強中。
作詞やイラスト(アナログ)メインにゆるりと活動していけたらなと。

よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP