軋む木の音 はりつく静寂(しじま)にこだまし
のびる人影は 今かとばかりにゆれてる
笑う風の音(ね) 二人の間に吹き込み
差し込む光は わずかにゆらいでどよめく

僕と一緒に踊ろう 舞台の上にあがろう
演奏が始まれば 巻き戻せはしない
仮面をつけてていい 好きなリズムで踊ろう
キミが望む通りに 立ち振る舞ってみせよう

La~ La~
軽快な音とリズムで 演奏が始まる
けれど私は 手をとらず
ぎゅっとまぶたを閉ざして ただただ曲がかわるのを待っていた

幕が下りればすぐさま切り替え せかせか動くはセットと裏方
新たな衣装をその身にみにつけ 呼吸を整えみつめる
私はI(アイ) あなたはi(アイ) 鏡の中でみてくるあなたは理想の影
成りきれず 絶ちきれず 変わることなく たゆたう

僕と一緒に踊ろう 舞台の上にあがろう
演奏が始まれば 巻き戻せはしない
仮面をつけてていい? 好きなリズムで踊ろう?
そんなことができれば どれだけよかったでしょう

La~ La~
軽快な音とリズムが 心乱してく
けれども私は 手をとらず
ぎゅっとこぶしを握って ただただ曲がかわるのを待っていた

仮面をつけたキミは こちらをみるこーともなく
暗闇に呼ばれて 溶けながら消えてゆく

お願いだから踊ろう 僕と一緒に踊ろう
まだ君の目も声も顔も 何もかも知らない
僕と手をつなぎ踊ろう ステップを踏んでクルクル
開幕はまだこれからだ 明るい舞台の方へと

何度目かわからない 同じ場面のくりかえし
けれど私は 一歩を踏みだしきれない
仮面をはずせることもなく 暗闇は私を離さない
すぎさるだけの明日(あした)がやあてくる

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

モノクロ幻想曲

小文字のiは虚数iをかけてます

閲覧数:108

投稿日:2022/11/09 00:14:35

文字数:705文字

カテゴリ:歌詞

クリップボードにコピーしました