言葉を食べながら

投稿日:2018/05/17 14:08:24 | 文字数:473文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞などと呼べるものでは無いかもしれませんが。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

言葉を食べて、心を育て
成長して来た僕らは、何でこんなにも残酷に育ってしまっただろう

食べた言葉は呪いになって、どんどん心を蝕んでいた。
それを与えた大人達は素知らぬ顔で僕らを見る。

その醜悪な顔を僕らに向けて
鏡である僕らを嘲笑ってる。

それでも僕らは言葉を食べていくしかなかったんだ。
苦くても、不味くても、哀しくても、どんな言葉でも、
僅かに貰えた優しい言葉、それを大事にしていた筈なのに

酷い言葉でかき消されてく
あんなに大事だった気持ちまで

僕らを化け物と呼ぶのなら
それを育てたあんたたちは何なんだろう


温かな食卓
楽しい会話
誰もが望む夢見た世界

それは絵本の中だけなのか、
何でこうも現実は。

言葉で切りつけた心を見下すのは楽しいか

優しく在りたい。
笑顔でありたい。
誰かに優しくしてあげたい。

愛を囁き、幸せを語り、未来に希望を持てたなら

言葉がこんなにも汚れてしまうことなんて無かったのに


誰かいないと、一人では生きられない

僕らはただ楽しく話したかったんだ。

あたたかな言葉での食事を一緒に

ただ思いつくままに書いたりします。
よろしくお願いします。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP