【結月ゆかり】ダチュラと林檎【オリジナル】

投稿日:2014/09/17 09:00:57 | 文字数:457文字 | 閲覧数:1,939 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

甘い言葉に しっぽ振りながら
「今すぐ行くね」って便利な存在
予定が入ったとか仕事が長引くとか 
貴方の「絶対」なんて 脆く儚い

視界の片隅に 転がってるピアスが
「二番手は黙っておきな」と睨む

髪型も洋服もメイクも真似て
それでもあの子にはなれなくて
首筋に噛みつきたいと願うほど
貴方が遠く霞んだ

鞄の奥底 時々震える
携帯の中は甘い言葉と
浮かれたスタンプが行き交ってるライン
メモリーギリまで詰まってるんでしょ

洗面所の隅でピンクの歯ブラシが
「泥棒猫」と罵る

夜じゃなく昼間の貴方の隣を
陽射しを浴びて歩きたいのに
朝にはもう魔法が解けてく運命と
知って堕ちる蟻地獄

いつでも二人は曖昧で 言葉にすれば消えてしまうの
せめて夜が空けるまでは
温かな腕の中に居たい

口癖も慣れないヒールも真似て
それでも「君のままがいい」とか
ふざけないで それでも私は二番手
使い捨てのおもちゃなの

髪型も洋服もメイクも真似て
それでもあの子にはなれなくて
首筋に噛みつきたいと願うほど
貴方が遠く霞んだ

ねじ式と申します。

イラストをお借りしたいときもあると思いますので、
その時はどうぞよろしくおねがいします!

Twitter:
http://twitter.com/nejishiki0221
ニコニコ動画マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/38453105
Youtube:
http://www.youtube.com/channel/UCeQ69f1ETJ-rR7BR5RtK_vA

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP