レインデイ・トリップ

投稿日:2013/02/05 21:32:07 | 文字数:641文字 | 閲覧数:40 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

知らせも無く振り出した雨は
僕らを現実へ戻していく
慌しくなる街の風景を
少し眺めていたんだ

次第に強さを増した雨はすぐに
僕らを容赦なく包みこんでいく
服や心の奥のほうまで
濡れてしまって
泣きたいような笑いたいような
気持ちになっていく

不安な僕らはずぶ濡れで歩いて行く
当てなんか無いままただゆっくりと
なんとなく買った缶コーヒー
いつまでも飲み干せないまま
降り続ける雨の中に溶けて消えそうで

高架下に棄てられたビニル傘 
大量生産されて棄てられるさまは
何だか僕たちのようで意味も無く
同情してみたりするけど
明日にはきっと、忘れるだろう

アスファルトに降り注いでは消えてゆく
「僕らの日々もいつか同じように」なんて
妙に切ない気持ちになってしまうのさ
遠い日の感傷が目の前を横切って行くから

善人にも悪人にもなりきれないままの僕は
今日も変われないで歩いて行く
感情を置き去りにして
溶けきらない青春の残滓は
時々、僕を悲しませたりもするのさ

濡れた街の匂い
肌にまとわりつく空気
僕たち日常も鈍り
触れる前にまた、解けて

髪を揺らす僅かな風
呼吸を止めたような世界
やけに鮮やかに写っている

「纏まらない思考まで洗い流してはくれないか?」
空を見上げてそっと一人呟いた 
何の意味も無いさ 
ほら、いつだってそうだろう
嘘みたいに綺麗な明日を待っている

降り止んだ事に気づかず
いつまでも傘を指している少女
雨上がりの街のその中へと
一人、消えていく

はじめまして!こんばんわ!ニコニコ動画でup活動をやらせていただいてます。
色々な曲を作っていきたいと思っているので良かったら聞いてみてください!

最近はまったり活動してます

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP