僕のココロと君のソラ/歌詞データ

投稿日:2021/11/15 00:51:37 | 文字数:497文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

目を閉ざさないで 視界滲んで
花野風をよび 星月夜あおぐ

青の明かりも 葉枯れ落ちそうで
ずっと名前に気付かない 僕はどうする

狭い宇宙で ソラを奏で 君のそばで 白に染まり変わり果てていく世界から

風が舞って もうどれだけ君は待っていて もうすべて露が降りてしまって
心で溶けだした 儚い笑顔
未完成で ずっと探していた 僕の心と君の空に落ちた雷鳴の響き

木犀の香りで 歩道側ふと眺めた
日常に降ってわいたような 君の言葉

ありきたりで ねえ少し さみしいけど
きらきらして 夜を照らす

広い宇宙で ソラを奏で まるで鱗 青に染まり変わり果ててく世界から

夜が去って 境界線まだ黙っていて 存在さえまだ儚いせいで
抱きしめ合うたびに 消えちゃいそうで
この手に ぬくもりが残った 僕の心と君の夜空揺れる満天の光

悲しい月は今も 哀しみすら浮かべずに
巡る季節に 宇宙を奏で 僕のために 白に生まれ変わり始める世界から

風が舞って もうどれだけ君は待っていて もうすべて露が降りてしまって
心で溶けだした 儚い笑顔
未完成で ずっと探していた 僕の心と君の空に落ちた雷鳴の響き

音楽を作っています。ご自由に使ってください。
<外部リンク>
Twitter:https://twitter.com/okakiamakara
you tube:https://www.youtube.com/channel/UCgx3x_IkAzbzjwR6YgSYJwg/featured
niconico:https://www.nicovideo.jp/my/?ref=pc_mypage_menu

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP