荒れた村を歩く
痩せた声で時を捨てた

ああ、復讐は
剣を握った

「サヨナラ」 衝動は夜超えて
暁(あかつき)は遠くに
流れた友の血が 僕らを照らすと信じて

落ちた水は にごり
よどんだ目に正義見えず


ああ、なにもかも
許せない

「サヨナラ」 衝動は夜超えて
暁(あかつき)は遠くに
流れた友の血が 僕らを照らすと信じて
振りかざす正義が
汚れ切って見えない
流れた友の血が 僕らを導くと信じたい

この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

タイトル未定_0413の歌詞

タイトル未定_0413の歌詞です。

閲覧数:150

投稿日:2022/04/15 22:09:24

文字数:203文字

カテゴリ:歌詞

  • コメント1

  • 関連動画0

  • 森幻

    森幻

    その他

    ユウリ様
    初めまして、森幻でございます。
    この度は歌詞を頂きましてありがとうございます。
    また、確認が遅くなりまして申し訳ございませんでした。

    拝見させていただきましたが、私が想定している世界観(イメージ映像)とかけ離れた歌詞でございますので、今回は不採用とさせていただきます。
    せっかく作っていただきましたのに、申し訳ございません。

    2022/04/19 15:56:07

    • ユウリ

      ユウリ

      お世話になっております。閲覧いただきありがとうございます。

      不採用の件、かしこまりました。

      森幻様の楽曲のさらなるご活躍を願っております。

      ユウリ

      2022/04/19 16:02:07

クリップボードにコピーしました