ほしをみるひと

投稿日:2019/05/27 21:21:24 | 文字数:331文字 | 閲覧数:10 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ほしをみるひと


全部が全部イヤになって 逃げたい僕は足を止めた
見上げた夕闇空の隙間  星になれたら幸せだった
思う毎日過ごす今日に  意味なんてなかったんだって  
わかってんだって ただ言ってんだって 
わかってんだって 夢なんだろ

小さな星が見えたから 星屑を集めて君の下へなんて
かっこつけの言葉言いたい でも言いたいだけで胸の中
「僕にできることなんて…」 
空を 空を 空を 空を 見上げた

午後8時の空は明るいさ  ここからじゃ星は見えないけど
黄色い電車飛び乗って  久しく君に会いに行くから

0+1+2時間かけて星を見た 君がいるから綺麗なんだねなんて
恥ずかしげもなく言ってみた そろそろ帰る時間なんだね

曲とか頑張って作ってます…!!!!

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP