浮世合わせ

投稿日:2016/09/18 17:40:15 | 文字数:312文字 | 閲覧数:95 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ロックバラード募集作品に投稿させていただいた歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

浮世合わせ


黄昏が照らし 降り注ぐネオン街
フィラメント一つ 光放ち焼け散る
 
外灯でさえも 温かい光を差して
揺るがない影法師 夕凪で佇んだ

終焉が瞬く間に 天高くこだまして 届かない声はここに

永き日も 雲の狭間に 儚き願いを込めて
下弦は浮世の空で 想い馳せる


夜更けが彩る 鮮やかな静けさに
紺青の衣 ほつれ散りぬべき時よ

「君が見たがった演劇を一緒に見よう」
主役は知らないまま 終わりを告げた幕引き

隔たりを導くのは 不変な時の流れ 移ろうは人のさだめ

永き日や 雲を現して 別れゆく天つ彼方
下弦は宵へと向かい 眠りにつく


早天に 眺めた鴉は 対になり飛んで
虚像に真実まで 重ねていた

Westerと申します。
作詞の分野で頑張りたいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】紺碧ノ天ニ燃ユル緋色ノ月【オリジナル】

    by ロカルツPさん

▲TOP