星のよる

投稿日:2013/07/07 23:29:31 | 文字数:280文字 | 閲覧数:345 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ねえ、今日だけわたしを呼んで。


たなばたー

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

片割れ星 浮かべた夜
広い部屋で嗤う、わらう

綺麗なまま零れたなら
それでいいと眠る、ひとり

小指だけ絡めて
約束をしよう
離れてしまわないように

もう一度だけ巡り逢えたら
きみの隣で泣いてみたい
そのためなら、ねえ
星を渡るくらいしてあげる

暗がりでも見つけるから
隠さないでやわい、なみだ

視線だけ掠めて
お別れをしよう
壊れてしまわないように

ああ一度だけ巡り逢えたら
きみの隣で消えてゆきたい
そのためなら、ほら
なにも怖くはないの。だからね

もう一度だけ巡り逢えたら
きみの隣で泣いていたい
そのためなら、ねえ
星を渡るくらいしてあげる

ziuと申します。
お返事は遅くなりますが、ご依頼や歌詞の使用等お声かけいただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

マイリスト:http://www.nicovideo.jp/mylist/23317711
twitter:http://twitter.com/kiss0out
mail: uni_chuchu○yahoo.co.jp(○→@)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP