騙り愛

投稿日:2010/01/30 14:14:58 | 文字数:606文字 | 閲覧数:56 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/content/dmrhzs2xhgy999ss

Axcelさまの歌詞募集に応募させていただきます。

イケレン目指したら、いつまでも過去を引きずる男になりました。何故だ。
過去に騙した女性との恋が忘れられず、自分が騙していたつもりが騙されていた……という感じでしょうか。

タイトルは「かたりあい」と読みますが、仮のものです。歌詞共々いくらでも変更はききます。

文字数が激しく不安ですが、楽しく考えさせていただきました!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

羽ばたく蝶の 彩りが 消えないうちに
キミの細い腕を 気付かずに 壊していたのか

「騙したの?」 今頃に 気付かせて 傷つけた
キミの口痕が 消えないままでも
僕はキミのこと 愛してた 嘘をついた
キミの言葉が消えていく この街のどこかの隅に
僕の形じゃキミを癒せないと 今知った

嘘をつき 嘘を悔い
僕の中身を失くしていくんだ
騙しても 騙しても
僕の世界を壊していくのは
キミの残してった 最後の言葉にだけは
嘘はないと 信じているからか


カラのサナギの 存在は ただのゴミになる
僕が壊したのは 他でもない 僕自身なのか

「騙された?」 最初から 気付いてた 蓋をした
僕の名前を 呼んでいた 名残が今
消えないまま 僕は融けていくのだろう
この身が砕けていく 消えない悲しみは
僕の胸に残ったままだ サヨナラも言えない

キミのいない世界じゃ 輝くことはできないんだ
世界が色を変え 僕を壊してさらっていく
キミの残してった 最後の言葉にだけは
嘘はないと 信じているからか
こんな想いを知れた それだけで幸せだったと
そんな言葉は 似合わない二人


嘘をつき 嘘を悔い
僕の中身を失くしていくんだ
騙しても 騙しても
僕の世界を壊していくのは
キミの残してった 最後の言葉にだけは
嘘はないと 信じているからか

世界が変わったのは キミのせいなんだと知った
騙されていた 今さら思い知る

がんばってみようと思う。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP