暁の祈り

投稿日:2020/07/26 08:13:04 | 文字数:1,199文字 | 閲覧数:96 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

シャーマンが神に祈りを捧げているイメージ。



文字数等改変可能ですので、お申し付けください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暁の空に向かいたる ちっぽけなこの命
すべからくこの身を砕いて 大地へと伏す

天つ風吹けば飛ぶような ちっぽけなこの命
然れどもこの心 捧げ 天つ日に謳う

神の手に比ぶれば拙い 営みを作り出す人の手は
安寧と平穏を求めて 神々に乞い願う

嘆きを喜びに 小さな幸せに
確かな温もりに 変えていく力を
いかなる困難も 越えていく勇気を
孤独に打ち勝てる 力を与えたもう


語り継ぐほどのこともない ちっぽけなこの命
泡沫の波間を彷徨い 密やかに消える

神の身に比ぶれば刹那で 瞬きの合間より短き身
寄る辺ない小さき身なれども この願い聞し召せ

戸惑い嘆いても 悲しみ溢れても
絶望を希望に 変えていく力を
痛みにさいなまれ 疲れて眠っても
再び立ち上がる 力を与えたもう

神の世に比ぶれば儚く 幼子の児戯のような人の世は
頼りなく未熟な世なれども 寄り添って生きている

どんなに傷ついて 何度も挫けても
それでも立ち上がり 再び歩き出す
生まれ出づる命 幾度も巡りゆき
やがては枯れ果てて いつかは朽ちていく

いつの日か消え去る 宿命だとしたとて
思いは残るだろう 小さき身の内に
高らかに謳おう 天地への歌を
この世の幸いを あまねく照らし出せ


(よみがな)


あかつきのそらにむかいたる ちっぽけなこのいのち
すべからくこのみをくだいて だいちえとふす

あまつかぜふけばとぶような ちっぽけなこのいのち
しかれどもこのこころささげ あまつひにうたう

かみのてにくらぶればつたない 
いとなみをつくりだすひとのてわ
あんねいとへいおんをもとめて
かみがみにこいねがう

なげきをよろこびに ちいさなしあわせに
たしかなぬくもりに かえていくちからを
いかなるこんなんも こえていくゆうきを
こどくにうちかてる ちからをあたえたもう


かたりつぐほどのこともない ちっぽけなこのいのち
うたかたのなみまをさまよい ひそやかにきえる

かみのみにくらぶればせつなで 
またたきのあいまよりみじかきみ
よるべないちいさきみなれども 
このねがいきこしめせ

とまどいなげいても かなしみあふれても
ぜつぼうをきぼうに かえていくちからを
いたみにさいなまれ つかれてねむっても
ふたたびたちあがる ちからをあたえたもう

かみのよにくらぶればはかなく 
おさなごのじぎの(よう)なひとのよわ
たよりなくみじゅくなよなれども 
よりそっていきている

どんなにきずついて なんどもくじけても
それでもたちあがり ふたたびあるきだす
うまれいずるいのち いくどもめぐりゆき
やがてわかれはてて いつかわくちていく

いつのひかきえさる さだめだとしたとて
おもいわのこるだ(ろう) ちいさきみのうちに
たからかにうたおう あまつちえのうたを
このよのさいわいを あまねくてらしだせ

ニコ動マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/57961619

初めまして、こんにちは、kaiと申します。
作詞だけやっている超☆機械音痴です(T_T)
基本的に歌詞募集に応募しています。
作詞をはじめて2020年4月で4年になりました。
タイトル横に作曲者名の記載があるもの、又は待機中、応募中となっているもの以外は、密かに曲募集中です。
もし気が向きましたら、是非とも曲をつけてやってください。
躍り上がって喜びます(笑)
未熟な点が多いですが、よろしくお願いいたします。

素敵なアイコンは桜うさ様に描いていただきました!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP