ただしいまちがい

投稿日:2020/09/22 21:35:48 | 文字数:339文字 | 閲覧数:60 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

だれもおしえてくれやしない
だってだれもしらないから
しりようもないもん
ここにあるすべては はて、
ほんとにほんとう?

このようなきもちになるのなら
あなたはわたしは
たぶん
まちがっている
だれかおしえてほしい
このままがいいのです

ああ
来世は
青い眼のいきもの
薄い膜からせかいを撫ぞりたい
飽きたら
あおに惚けて
あかいくだもの齧りたい

まちがっているならば、したらば
きっとそれでただしい
まちがいのままの
わたしたちがすき

ああ
来世は
青い眼のいきもの
薄い膜から水色のあなたが視たい
覚めたら
あおに惚けて
あかいくだもの齧りたい

まぶしさを
黒で茶化さないでいてよね
まぶしいまんま
いきていくの
押し負かされて
わたしたちも
青になれたらいいよね

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際はお手数ですが事前にお知らせください。
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP