屋上にて。(2)

投稿日:2012/03/20 23:52:53 | 文字数:1,070文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:小説

ライセンス:

屋上でつながる、二人。 それをきっと、恋人と呼ぶ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


「約束守れなかったって、何よ?」

私はできるだけ、気付いていると悟られないように言う。

「え?覚えてないのか?・・・それならいいんだが。」

覚えてるよ。忘れれるわけない、大切な約束。

でも、守ってもらえなかった。大切な約束、なはずなのに。


「覚えてないって何のことなの?きちんと聞かせて?」

清水は、表情を脆く歪める。

「小さい頃に俺とお前で、約束したんだ。ずっと二人でいようって。」

そうだ。私の好きな人は、この人しかいないのだ。 あなたは違うんだろうけど・・・

「そう、だったわね。 守れなかったの・・・?」

泣きそうだった。必死に我慢した。

「・・・ごめん。本当、ごめん。 それしか言えない。」

清水は俯いてそういう。泣きそうな声で。 泣かないでよ・・・

「ごめん、って何よ? 何なの?どういうことなの?」

聞かずにはいられなかったのだ。 傷つく答えが返ってくるだけなのに。



「本当に言ってもいいのか?」

清水が顔をあげ、覚悟を決めたように言う。

私は迷う。 結果は自分が傷つくだけだと分かっているから。

「いいよ。」

私は言う、笑って。 

「俺、他の子を好きになったんだ。 今は違うけど、でも、好きになってさ。付き合ったりしたんだ。」

付き合ったり、した。 他の子を好きになった。

それが事実。 事実なのだ、それだけが。

「そう。」

それだけしか言えなかった。 

「ごめんな。あれだけ約束したのに。 本当、ごめん。」

そうだ。そのとうりだ。 あんなに約束したのに、破るのか。死にたい。

「いいよ。約束なんて、所詮約束。 好きになってしまったらどうしようもないから。 いいよ。」

笑え、自分。 言い聞かせて表情を作るが、上手くいかない。

無理して笑わなくていいよ、と清水は笑う。 私を落ち着かせてくれるように。

そして、今まで見たことのない顔つきになり、声を発する。



「今の俺は、お前のことが好きだ。」

意味がわからない。 分からない。状況が飲み込めない。

「・・・え?」

小声で、尋ねる。

「だから、俺はお前のことが好きなんだよ。」

清水は言う。 今自分自身が好きな相手は、自分なのだと。

「本当なの・・・?」

聞いてしまう。 聞かずにはいられない。

「ああ」

これが、私の望んでいた言葉だ。

「私も、好きだよ。」



私たちは、恋人になった。

それは、とても嬉しいはずなのに。 私は泣いていた。







続く








(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP