【桜乃そら】氷の塔【歌詞】

投稿日:2021/07/09 01:12:41 | 文字数:250文字 | 閲覧数:35 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「氷の塔」に歌詞を付けさせて頂きました。
とても寒い寒い世界のお話。

【追記】(2021/7/9)
・使用不可
・二次創作は大歓迎

動画化しました(関連する動画参照)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

白く溶ける夢は静かに
時を重ね空を抱きしめる
いつかここでまた会いましょう
小指絡め約束

星は歌う命瞬き
今日と明日の狭間
夢は深く軽やかに
君を導くでしょう

熱は還る体を伝い
震い覚めて息吹く大地へと
いつかここでまた会いましょう
小指絡め約束

頬に咲くは紅の花
赤く朱く燃ゆる
春は未だ遠けれど
君の笑顔や匂う

月は照らす行くべき道を
我は留められる術もなく
まるで水の流るるように
時が君を攫う

白く溶ける夢は静かに
時を重ね空を抱きしめる
いつかここでまた会いましょう
小指絡め約束

キミノカゲと申します。
趣味で作詞、イラスト制作をしてます。


現在、創作依頼は受け付けておりません。
既存作品の使用については、一部使用いただけるものを置いてます。
返信には3~7日程度かかる場合がありますので、ご了承下さい。

注意事項:
・作品の使用については、作品の説明文をお読み下さい。
・無断使用、事後報告はおやめください。

※ご依頼者と連絡が三ヵ月以上とれなくなった場合、依頼内容は破棄させて頂きます。また、動画使用後に動画を削除された場合、使用された作品について再募集をさせて頂くことがございますので、ご了承下さい。

<連絡先>TwitterのDMまたはpiaproのメッセージまでお願いします
Twitter→@kiminokage23
youtube→https://youtube.com/playlist?list=PLmQY1o_sDqXDgMuZhqInquUFNSz3doHNx

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 氷の塔

    by Agastiaさん

▲TOP