鬼ごっこ  (作詞 すい)

投稿日:2014/01/18 18:05:31 | 文字数:511文字 | 閲覧数:200 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

鬼ごっこ 歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

鬼ごっこ


1A
"鬼さんこちら 手の鳴る方へ" 陽が落ちるまで遊ぼうや
黒い自分と睨めっこ キリがないや馬鹿らしいや

なら追っかけっこしようや まずはお前さんが鬼や
十(とお)数えたら始まった 独りきりのレクリエーション

1B
夕闇 畦道 踏んで
息切らし 汗の飛沫、散る 逃げられずに宵

1サビ
覚束ぬ足 ふらふらり
目隠ししたって…追いつかれちゃう
さっ、さァ 早々にお逃げ!!
隠れて 息を殺して 抱えて
その目に居る影法師(かげ)は だァれ?



2A
孤独に奄々とやって 気が滅入ってても遊ぼうや
弱い自分と睨めっこ 口もないや瞳もないや

2B
宵闇 黄泉路へ 駆けて
声は絶えて 喉は掠れてく 届かない儘で

2サビ
枯れて失った言ノ葉
虚しい程に響く寂びた悲鳴(こえ)
帳は落ちてゆき
明るみ 佇む 黒い躰に
優しく差し伸ばす手 だァれ?



3サビ
"鬼さんこちら 手の鳴る方へ!!"
逃げ隠れても無駄無駄 さァおいで
闇雲切り裂いて
剥がされてく 本性丸裸
白い影法師(かげ)伸ばして
溢れ出す 鈍色の一滴
その目に映る光芒
優しく微笑む君 だァれ?

はじめまして、ゲンダガです。

歌詞を書いてくださる方、絵を書いてくださる方、動画を作ってくださる方を募集しています。
曲を聞いて興味を持って下さった方はメッセージを頂けるとありがたいです。


よろしくお願いします。
つぃったやってます、お気軽に絡んで下さい。

@gendaga_p

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP