[歌詞]fragile/初音ミク

投稿日:2022/09/26 23:39:37 | 文字数:398文字 | 閲覧数:23 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

静かな海に二人きり
明けぬ闇にも慣れて千と一夜
眩い灯りは野暮ったいな
花が散るならそれは美しい
今、静寂、月明かり
ああ何もかもにそう貴方がいる
ただその匂いに触れて恥ずかしくなった
話すことも無くて手を繋いだ

夜中を歩いている
僕らはフラジールな
心を口説いている
また春に沈んでいくのだろう
ああ

裸足で夜に溶けている
癒えない言えない胸を焦がし
ただ月が綺麗だからなんて
嘯く貴方に絆されて
今、静寂、月明かり
ああ何もかもにそう貴方がいる
ただその肌に触れることを躊躇った
汚してしまうことが怖くて

夜中を泳いでいる
心はイナーシャにのって
眠くなるくらい
また春が過ぎていくのだろう
ああ

lalala…

夜中を歩いている
僕らはフラジールな
心を口説いている
また春に沈んでいくのだろう
夜中を泳いでいる
心はイナーシャにのって
眠くなるくらい
また春に沈んでいくのだろう

常識の範囲で自由にお使いください。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP