星々と電子

投稿日:2012/11/09 13:46:54 | 文字数:1,138文字 | 閲覧数:131 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

*公募用、落選作品

psgmania様の タイトル未定 - 歌詞募集 -http://piapro.jp/t/z-fc
よりお借りしました。
曲のスケールに合わせようと必死になったら、宇宙だ何だと思った以上に大きな物語になりました。

語尾の変更等ですぐに文字数変更できます。
不明点、改善点についてはお気軽にご指摘下さい。

(用語解説)
スーク:
イスラムの国によくある狭く雑多な商店街。
スパイスや革小物、絨毯、銀細工などが売られている。

bloodmare(ブルードメア):
繁殖馬となった牝馬

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

砂嵐吹く 文明から
大河の名残 追いかけて
電子の波間で きみを見つけた

性別不明な ぼく達が
次の時代を 創るのさ
bloodmareで 世紀を駆けよう  

見知らぬ者が
きみを呼ぶはず
バラの香りを
探して

スークの闇で 作られてる
赤い空飛ぶ 絨毯が
始まりのヒトを 今夜迎える

熱いスープを 飲み干したら
瞳に宿る 銀河系
きみと世界が 一つに重なる

ぼくらの声で
産み落とすのさ
新たな惑星(ホシ)の
息吹を

星々と 電子の流星群
爆発と 創造を繰り返す
駆け抜けろ たてがみを振り乱して
未来さえ すぐに 過去に消えてしまう





密かな予兆 感じてたら
それが世界の 変革期(かわりどき)
倒錯的なきみの inspiration

香辛料の ピラミッドを
巻き上げた 一陣の風が
地球の仲間を 今宵酔わせる

聞き慣れぬ音
きみの歌声
宇宙をあやす
ハミング

生まれ出る ぼくらの子供達なら
世界中 泣いて暴れまわる
河となり 大地を満たしてゆく
朽ち果てた 文明も 飲み込んでしまう

星々と 電子の流星群
始まりと 終わりが連鎖する
駆け抜けろ たてがみを振り乱して
蹴り上げた 大地 遠く消えるほどに



(ひらがな)

すなあらしふく ぶんめいから
たいがのなごり おいかけて
でんしのなみまで きみをみつけた

せいべつふめいな ぼくたちが
つぎのじだいを つくるのさ
ぶるーどめあで せいきをかけよう

みしらぬものが
きみをよぶはず
ばらのかおりを
さがして

すーくのやみで つくられてる
あかいそらとぶ じゅうたんが
はじまりのひとを こんやむかえる

あついすーぷを のみほしたら
ひとみにやどる ぎんがけい
きみとせかいが ひとつにかさなる

ぼくらのこえで 
うみおとすのさ
あらたなほしの
いぶきを

ほしぼしと でんしのりゅうせいぐん
ばくはつと そうぞうをくりかえす
かけぬけろ たてがみをふりみだして
みらいさえ すぐに かこにきえてしまう



ひそかなよちょう かんじてたら
それがせかいの かわりどき
とうさくてきな きみのいんすぴれーしょん

こうしんりょうの ぴらみっどを
まきあげた いちじんのかぜが
ちきゅうのなかまを こよいよわせる

ききなれぬおと
きみのうたごえ
うちゅうをあやす
はみんぐ

うまれでる ぼくらのこどもたちなら
せかいじゅう ないてあばれまわる
かわとなり だいちをみたしてゆく
くちはてた ぶんめいも のみこんでしまう

ほしぼしと でんしのりゅうせいぐん
はじまりと おわりがれんさする
かけぬけろ たてがみをふりみだして
けりあげた だいち とおくきえるほどに

ちまちま作詞!
インディゴといいます。
普段は古い洋楽をメインに、JAZZ、ラテンなどを聴いています。

どなたかのお目にとまればウヒョーの極み。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    ご無沙汰しております、psgmaniaです。
    今回の歌詞募集への御応募、有難うございました。

    御応募戴いた作品の選考結果になりますが、
    今回は他の方の作品を採用させて戴きました。
    ご期待に副えられず、申し訳ございません。

    作品が完成次第、改めてご連絡を差し上げたいと思います。
    尚、歌詞宛のコメントはその際に併せてお送りする予定です。
    (もしコメントの必要が無い場合は、お手数ですがその旨お知らせ下さい)

    2012/11/13 20:44:57 From  psgmania

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ご連絡ありがとうございました。

    いつも素敵な曲をありがとうございます。
    完成を楽しみにしています。

    2012/11/14 08:49:05 インディゴ

▲TOP