月とボク

投稿日:2011/01/16 17:50:17 | 文字数:398文字 | 閲覧数:437 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://www.nicovideo.jp/watch/sm11407961

オケ
http://piapro.jp/content/az1ek4ceqcl1vbrx

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月とボク

作詞/kei 作曲/gomez


輪郭のない 夜の顔が
ひたひたと押し寄せる
群青に月は潜む 隠れんぼ
密やかに 見つめてる

神様の通り道の様に
ただ 雨は降ってる
行く当てもなく はたり 飛び立つのは
あの鳥か ボクだったか

深い夜の底
泳ぐ 月とボク
うまくは泳げない


雨を見ていた
さよなら そう百年も千年も
夢を見ていた
さよなら 何も言わずにおやすみ

月だけがボクを見ていた
ただ 心の中に祈る 月


雨雲を導の様に
神様は渡ってく
まだ止まぬ雨 明日には
熱いアスファルト 海を広げてる

華やかな
夢の後ろ姿を
ボクはじっと見送る

※Repeat

ただ 静かに夢を見る
千年の夢を見るだけ

キミはもういない
目を閉じて見る 月
輝きはボクに
ボクに 生き続ける

※×2 Repeat

ただ 静かに夢を見る
千年の夢を見る
ただ 心の中に祈る 月

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP