灰雪と共に沈む。 / 歌詞

投稿日:2020/03/06 22:37:03 | 文字数:487文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雨が降っていた日のこと
大人は嘘に騙されていた
晴れた冬の日のこと
初めて誰かに相談した
嗚呼

逃げ出そうなんて思ったりしいても
逃げ出す勇気なんてもってなくて
社会を変えたいとか独りで嘆いても
僕にはそんな力どこにもなくて

冬の寒さにいつまで怯えなきゃいけないの
何回躓かないといけないの
憎しみばかりが増えて凍えそうだ
愛も何も知らないまま
嗚呼

なんか大切なつなものばっか
失ってきた気がするんだ
大丈夫だよ、なんて自分に言い聞かせて
雪が降っていた日のこと
現実から逃げる努力して
窓を眺めて夢なら良いなって思った

映る景色は全て灰色になって
憂鬱な朝ばかり迎えるようになって 
自分を変えたいとか惨めに嘆いても
僕にはそんな力どこにもなくて
嗚呼

冬の寒さにいつまで怯えなきゃいけないの
何回躓かないといけないの
憎しみばかりが増えて凍えそうだ
愛も何も知らないまま
嗚呼

今してることが間違いじゃない
なんて保障はどこにも落ちてない
いつか努力が報われると良いな
こんな嫌で溢れてる世の中で
生きていくしか道はないんだ
息を吸って吐いて、そして 

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 灰雪と共に沈む。 / off

    by iroRiさん

▲TOP