金糸雀

投稿日:2014/11/30 23:20:47 | 文字数:346文字 | 閲覧数:301 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

小さな世界で果敢ない夢を、いつまでも見ていられたら
***
かんぬきさまに素敵な曲をいただきましたv
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26852434

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


何も知らずに終われば
幸せだったのかなあ
小さな鳥籠のなか
歌うことだけ覚えて

心揺らぐ 瞳とらえて
触れたくちびるは 切なく甘く溶ける
(ときめくこれが、恋?)

降り出した雨が痛くて
心まで冷えていく夜に
抱きしめてくれる腕が
あなたのものであればいい
そんなことを考えた

夢を見たりしなければ
辛くなかったのかなあ
飛び立つ羽根もないのに
広い世界に焦がれて

白い足を 青に浸して
駆け抜ける空は どこまでも透明で
(なんて素敵な、夢)

逃げ出した足が痛くて
どこへも行けなくなる夜は
抱き上げてくれる腕に
すべて捧げてしまいたい
そんなことを願ってる

鳥籠の中の金糸雀
最初で最後の恋でした
ひとりで眠る夜には
あなたの歌を思い出す

いつか夢で逢いましょう

ご利用の際は事前報告でお願い致します。
遅筆なためお待たせすることも多々ありますが仲良くしてください(。ノωノ)

Twitter:http://twitter.com/nao_317

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    使わせてもらうかもです!

    2014/12/03 16:20:19 From  taMa

  • 金糸雀

    by かんぬきさん

もっと見る

▲TOP