Run&Run

投稿日:2016/09/03 14:48:10 | 文字数:541文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
夏 の日差しの 下
君は 何を 思い走る
一人一人 葛藤の中
進んだり 止まったり

B
自分に 甘いようじゃ 変われない
まだまだ 強くなりたくて だから また 走り出す

S
流れた 汗も
零れた 涙も
落ちた だけじゃなく
君の 芽を育 てる

美 しい
花を 咲かせよう
その日 がくるまで
その 足で(止め どなく)
走 るのさ
run &run

A
雨 が降り始 めて
君は 涙 隠してるの
グチャグチャでも 雲が過ぎれば
青春の 虹が出る

B
自分に 負けたくない プライドが
無限の 可能性になる だから また走り出す

S
汚れた 服も
擦れた 傷さえも
夢の 足跡で
努力 は報わ れる

特別な
花を 咲かせよう
その日 がくるまで
転 んでも(立ち 上がり)
走 るのさ
run&run

S
流れた 汗も
零れた 涙も
落ちた だけじゃなく
君の 芽を育 てる

美 しい
花を 咲かせよう
その日 がくるまで
その 足で(止め どなく)
走 り続け れば

高い壁でも
越えて 行けるだろ
強い 志
君は 持ってる から

虹 色の
夢を 咲かせよう
夢中 で追いかけ
その 足で(走 り切り)
捕 まえる
run&run

全力でrun&run

ボカロ作詞家
有償依頼募集中(値段要相談)
実績は有償依頼10、コラボ25

2015冬コミケにてGigantic TuneのCDに参加。

2016春M3奥多摩音工房さんのアルバムに参加。

2016夏コミケにてサークルRun&Runでアルバム出品。

持ち味はオールマイティ、完成までの速さと質
急ぎの方は是非連絡ください!

トプ画:蒼那さん

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP