都市と子どもたち

投稿日:2017/03/26 01:25:29 | 文字数:263文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

新曲の歌詞。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

生まれた季節の色を知らない子どもらが手折った
水色紙飛行機は三月の曖昧な空を横切って

遠くへ ただ遠くへ
消えていったんだ

忘れていたのは時間の痛みだ
消えていくのは悲しい光だ

愛のうたを歌う声が公園に鳴り響くころ
さよならの合図が夕暮れを食べてしまっても
愛のかたちを探す僕はコーヒーを飲みながら

ひとりで ただひとりで
誰かを待っていた

忘れていたような遠い記憶も空に還す

紙飛行機を追いかけた
群青が空を閉ざしてもさよならが言えなかったんだ
愛を歌った僕の声がこの街に響くころ

夜が季節の名残を染めて眠った

チーバ君の鼻あたりで曲を作ってるボカロPです。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP