ルキルカ

投稿日:2009/11/30 22:52:47 | 文字数:264文字 | 閲覧数:511 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 





ルキの存在、2ボーカル


夜、



ルキが来てから、あれから一カ月も過ぎた
私も姉というか・・・似た存在のルキが好きになった、
恋とは違う、居なくてはならない存在―・・・依存だ。

鏡音兄弟みたいな、、

色々考えて、眼が覚めた・・一人分の大きめのベットに寝ているが狭い、隣には気持ちよさそうなルキが居る。
さっき考えていたことなどを、思い起こし、同じ色の短い髪をサラット撫でた、また眠りに就こうとしたら、腕を引っ張られた。
「る・・ルキ?」
これには驚いて少し言葉に詰まった。
「ルカの手冷たいね、どうしたの?」

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP