この冬が過ぎるまで

投稿日:2018/11/03 23:07:13 | 文字数:117文字 | 閲覧数:100 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何回目なんだろう
君の急な呼び出しは

呆れたりもしながら
少し期待が混じって

肩透かしだね
もう慣れたけど

いつも
わたし

君をねずっと前から…って
何度も言いかけたけど…けどね
まだ友達と呼んでたい
せめてこの冬が過ぎるまで

作詞してます。
情景が浮かぶ事、分かりやすい事、絵コンテしやすい事等を気をつけています。
音楽素養が無いので作曲は脳内でしかできていません。
選考に漏れたり余っている歌詞に曲をつけてくれる方がいたら嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP