聖ナナの素人だからわかる作詞講座~第8回~

投稿日:2012/02/16 21:29:31 | 文字数:834文字 | 閲覧数:546 | カテゴリ:その他

ライセンス:

今回は敢えて言います。

教えたくなかった・・・

でも、作詞家さんの卵のために一肌脱ぎましょう。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

みんな~~~作詞講座がはっじまるよ~~~!聖ナナです。

さぁ、今回は・・・あまり教えたくない・・・(殴)。

・・・気を取り直して・・・、


「聖ナナの作詞テクニック!」


といっても、プロローグから前回まで読んだ方には、殆どテクニックを教えてるんです。今回の内容は応用編になります。

1.裏返しトレーニング

例えば・・・この歌詞

「逢えなかった 逢えなかった 逢えなかった No! 私・・・(泣)」

勘の良い方は、もうおわかりですね。某AKB48(爆)の「あいたかった」のサビを字脚に合わせて逆にしました。このように、歌詞を逆転の発想で書くというトレーニングはかなり役に立ちます。似たような感じで「主人公を逆にしてみる。」というのもありです。例えば・・・

「私はあなたを思う」

というフレーズがあったとします。これをアナタ側にすると・・・

「あなたは私に思われる」

字脚を揃えるなら・・・「あなたは私を慕う」でもいいでしょう。このように立場が逆になっただけなのに、風景はガラリと変わってしまいます。


2.作品の続編を作ってみる。

プロの世界で、ディレクターさんと作詞家さんとの会話で・・・、

「ヒット作品○○○の続編みたいなものを作ってくれませんか?」

という依頼が来るケースがあるんです。曲がリリースしたときに「いやぁ~実はこの歌詞○○○の続編(パート2)なんですよ~。」とは決して言わない(THE虎舞竜の「ロード全13章」は除く)ので、分かりにくいです。まぁ、逆に分かってしまったらプロの道が開けるか、逆にマンネリ化の始まりか・・・。それだけ語学力とセンスが問われますので、隅っこにでも考えておいて下さい。


※なお、著作権の絡みで、既存の曲の替え歌みたいな物は引っかかると思われますので、あくまでもトレーニングとして考えておいてください。

次回は、「素人だから分かる添削講座」でお会いしましょう。
では、また次回!
^^ノ

<2015年12月25日最終更新>

バンドで楽譜が読めないのにキーボードを担当してた四十路男「かわち」と、作詞はセミプロレベルだった「ナナ」のユニットです。

1年半ほど音楽活動をお休みしてましたが、お休みし続けてるとボケそうなので(爆)ゆっくり復活したいですね^^

作品がいろいろあがっていますので、アドバイスを下さい。あと、絵師さんや動画を作れる方を探しています。もし共感されたという方がいらっしゃいましたらメッセージを下さいませ。

宜しくお願いします。

新曲「36℃」出来ました(^^)/
この曲の絵師さん・動画師さんを募集しています。
・・・もうひと手間加えようかな・・・!?

アイコンは「このこ」さんが描いてくれました^^
黒猫はナナ、デブ猫はかわち・・・そっくりです^^

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは。
     続編的なストーリーで歌詞を作詞したこともありますね。
    歌詞はまったく違いますが、カラオケ曲で歌えるのですね。
    それは著作権と関わるのでしょうか。音楽をかけないかぎり何のカラオケ曲かわからないほど違う自作歌詞ですが。

    2012/04/12 09:58:25 From  春緒うるま

  • userIcon

    メッセージのお返し

    うるまさんへ

    CD等、形に残す時に基本「著作権」が絡んできます。替え歌がベースの歌詞でもメロディが違っていれば著作権には影響ないですよ^^(かわち)

    2012/04/12 20:59:23 Sound’s Palette

もっと見る

▲TOP