聖ナナの素人だからわかる作詞講座~延長戦~

投稿日:2012/02/29 09:26:17 | 文字数:1,273文字 | 閲覧数:540 | カテゴリ:その他

ライセンス:

作詞をする方も作曲の基礎知識があればいいのでは?というかわちのアドバイスから作曲講座を延長戦という形で書いてみました。

是非参考にしてくださいね^^

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

聖ナナです。「素人だからわかる作詞講座」を読んでいただきありがとうございます。今回は延長戦と題して「作詞家のための作曲講座」を書きたいと思います。作詞家さんも作曲の基礎知識があると便利ですので、是非覚えてくださいね。では始めましょう。

「歌詞」と「自由詩」の大きな違いは「メロディがつくかどうか?」です。歌詞には当然メロディが付きます。これは第1回の作詞講座で話した「字脚」と大きく関連しています。

さて曲を分けてみるといくつかの「フレーズ」になります。このフレーズにメロディが乗っかります。よく「Aメロ」「Bメロ」「サビ」とか書いてますよね。それです。なお「A’」は「Aメロに似たメロディ」という意味です。また1番・2番のことを「ワンコーラス」・「ツーコーラス」といい、2番の後からサビを繰り返す構成を「ツーハーフ」といいます。なお、組み合わせは自由です。ただ「サビ」という言葉はあまり使わないのが音楽業界の暗黙の了解です。理由は歌詞先行の場合、基本的に、歌詞がブロックごとに分かれているので、サビとかわざわざ書かなくても理解出来るんです。逆に固執してしまう可能性があります。サビがAメロになる可能性だってありますからね。では実際に歌詞でみてみましょうか。今回は「マリアージュ~幸せな君へ~」でやってみましょう。

空の青が映える高原の小さな教会で
ヴァージンロードを歩いてく姿を横から見ている

僕よりも素晴らしい人と結ばれるなんて
奪った相手をちょっぴり憎らしく思うけど・・・

心から 心から君を祝いたい
カッコつけずに 自分の素直な気持ちで
誰よりも 誰よりも幸せになれよ
君ならきっと出来るから


無邪気にはしゃいでた君だけを見つめてきてたから
ウェディングドレス着飾った姿が大人びて見えた

裏表無いその笑顔がとても好きだった
明日から君はもう愛する人だけのものだけど・・・


心から 心から君を祝いたい
口下手だから歌うよ メロディーに乗せて
僕なりの 僕なりの伝えたい形さ
本音で気持ち受け止めて・・・


心から 心から君を祝いたい
今、人生で1番輝いてるときを
いつまでも いつまでも幸せでいろよ
君ならきっと出来るから・・・

・・・幸せな君へ送るメッセージ・・・


まず、この曲は「ツーハーフ」の曲ですね。進行は・・・

A→B→C→A→B→C→C→D

です。「A→B→C」でワンコーラスです。最近は最後にDのようなメロディ(俗にいう大サビ)を持ってくるケースが多いです。ここに主題的な要素が詰まってたりしますね。

字脚は皆さん習ったので自分で考えてみてくださいね。
ヒントとしては字脚はフレーズ毎に大体揃っています。それとこれは私の経験からなのですが、歌詞を作るときは、1フレーズに対して、2行~4行のスタンスで書くと上手くいくみたいです。

そんなわけで、作曲の基礎知識もマスター出来たと思います。作詞家の卵のみなさん、頑張って作詞してみてくださいね。
^^ノ

<2015年12月25日最終更新>

バンドで楽譜が読めないのにキーボードを担当してた四十路男「かわち」と、作詞はセミプロレベルだった「ナナ」のユニットです。

1年半ほど音楽活動をお休みしてましたが、お休みし続けてるとボケそうなので(爆)ゆっくり復活したいですね^^

作品がいろいろあがっていますので、アドバイスを下さい。あと、絵師さんや動画を作れる方を探しています。もし共感されたという方がいらっしゃいましたらメッセージを下さいませ。

宜しくお願いします。

新曲「36℃」出来ました(^^)/
この曲の絵師さん・動画師さんを募集しています。
・・・もうひと手間加えようかな・・・!?

アイコンは「このこ」さんが描いてくれました^^
黒猫はナナ、デブ猫はかわち・・・そっくりです^^

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP