【採用されました】真酔酒(まよいざけ)

投稿日:2011/06/26 00:48:40 | 文字数:743文字 | 閲覧数:400 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

少々ちゃんさんの歌詞募集曲に応募させていただきました。
http://piapro.jp/t/4Fai
演歌初挑戦です。難しいです。
タイトルは未定、歌詞も1番のみです。
2番以降はぼんやり考え中。

しっとりとした曲だったのでルカさんをイメージして
オトナっぽい歌詞を目指した結果がこれだよ!
ネタ歌詞にしようか迷ったのはここだけの話です。

6/23追記
2番まで作成。
※2サビの「みっつ」は真ん中の音が無音になるイメージです。

6/25さらに追記
ラスサビまで。
これで歌詞は一通り完成。
後はタイトルか・・・

7/18追記
タイトルが決定しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空いたグラスを眺めて
濡れた吐息が零れる
溶けた氷が崩れ落ちて
渇いた音を出す

軽いボトルを傾け
僅かばかりを注いだ
心許なく揺れてぽつり
雫が落ちて行く

ひとつふたつと盃重ねて
強い酒でも呑んできたわ
それでもあなたほど
酔えたものは
無かったのよ
ねぇ


開いた窓から柔風
重く湿った夏風
昼の火照りを連れてじわり
微かに纏い付く

不意に外から鈴音
はらり揺られて細音
誰が提げたか
手の届かぬ高さで舞い踊る

ふたつみっつと鳴り奏でて
遠きあの日へ誘われる
それでもあの人に
触れる事は
叶わないの
もう


みっつよっつと盃重ねて
古い記憶に背を向けたわ
それでもあの鈴は
ただ優しく響いてるの

今でもあなたほど
酔えたものは
無かったのよ
ねぇ

【VSQ用のひらがなバージョン】

あいたぐらすおながめて
ぬれたといきがこぼれる
とけたこおりがくずれおちて
かわいたおとおだす

かるいぼとるおかたむけ
わずかばかりおそそいだ
こころもとなくゆれてぽつり
しずくがおちてゆく

ひとつふたつとはいかさねて
つよいさけでものんできたわ
それでもあなたほど
よえたものわ
なかあたのよ
ねえ


あいたまどからやわかぜ
おもくしめえたなつかぜ
ひるのほてりおつれてじわり
かすかにまといつく

ふいにそとからすずおと
はらりゆられてさざおと
だれがさげたかてのとどかぬ
たかさでまいおどる

ふたつみ・つとなりかなでて
とおきあのひえいざなわれる
それでもあのひとに
ふれることわ
かなわないの
もお


みいつよ・つとはいかさねて
ふるいきおくにせおむけたわ
それでもあのすずわ
ただやさしく
ひびいてるの

いまでもあなたほど
よえたものわ
なかあたのよ
ねえ

アイコンは 旋花 梨音さん(http://piapro.jp/onakaponpokorin)に描いてもらいました。

作詞家やってます。ものすごく遅筆ですがw
あと動画製作もこっそりやってます。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP