一縷の望みよ、あの月へ響け

投稿日:2012/01/27 22:14:51 | 文字数:680文字 | 閲覧数:3,306 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

最初から別れる運命だった人。
それでも、取りとめない関係を続けていた「あなた」への、最後の想い。

■■■

1/19(木)
歌ってくださる方がいらっしゃるそうなので、造語に読み仮名をふりました。

1/27(金)
ねぇよぉ様が、ニコカラを作ってくださりました。
【On Vocal版】
  http://www.nicovideo.jp/watch/sm16784430
【Off Vocal版】
  http://www.nicovideo.jp/watch/sm16784459

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【一縷の望みよ、あの月へ響け】


水面に眠る 月に憧れて
凍える手で 掬い上げる様な
きっとどこにも 行き着けはしない
そんな恋を していたのだろう

時の歯車が 終幕を告げ 
逃れついた この夢の中で
涙をなぞり 指で書く文字は
あなたへと届けた サヨナラ


救いなんて きっとない
この想いは 沈みゆく
闇の先 照らすため
思い出に 火を放ちましょう


okiya va nydei rha
 (オキヤーバ ニデラ)
no dath tull is rha
 (ノーダストゥル イースラ)
cenu diera zarita
 (セーヌディエラ ツァーリタ)
sati issla sati rha
 (サーティイスラ サーティラ)

okiya va nydei rha
 (オキヤーバ ニデラ)
no dath tull is rha
 (ノーダストゥル イースラ)
cenu diera zarita
 (セーヌディエラ ツァーリタ)
sati issla sati rha
 (サーティイスラ サーティラ)


あなたに 捧げた唯一が
燃え尽きて 灰になった
もう一度 と願っても
あなたは もういない

せめて 許されるものならば
恋心は 返してよ
わたしの全ては 壊しても
構わないから


この指先は 何処へと向かうの?
風に消えた 欠片集めるの?
叫びにも似た 祈りの最中で
一縷(いちる)の望み 言の葉となる

失くした恋で 心が欠けても
天空(そら)の月は 変わらず満ちてく
また廻り来る 光を信じて
わたしはこの音を 奏でるだけ

主に曲先で作詞します
外国語・造語・暗号等を交えた、ちょっと変わった歌詞を書くのが好きです

■ニコ動マイリス
 http://www.nicovideo.jp/mylist/22675928

※アイコンはハムの人さん http://piapro.jp/callofeve



since 11.26,2010

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 一縷の望みよ、あの月へ響け

    by ろひさん

もっと見る

▲TOP