鏡の向こうの醜い私(歌詞)

投稿日:2014/08/03 16:41:52 | 文字数:574文字 | 閲覧数:2,000 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

十四歳の憂鬱は
満月の夜に辛くって
十四歳の憂鬱は
二階の窓から飛び降りた

北公園の高台で
真夜中吹かしたハイライト
煙に乗って何処までも
遠い未来へたどり着いた

ビルの上から街を見下ろす
家の明かりが星の数ほど
いつかは僕もああなるんだと
思っていたよ信じていたよ

幸せですか 幸せですか
鏡に叫ぶ 叫ぶ
幸せですか 声を枯らした
あの日の僕が

十四歳の憂鬱は
行き場を無くしてゆらゆらと
冷め切ったアスファルト
素面で歩いた千鳥足

大人の謳う未来なんてさ
くだらないわと唾吐きつけて
幼い僕はそれが答えと
だけど今さら未来になって

幸せですか 幸せですか
鏡に叫ぶ 叫ぶ
幸せですか 無理に笑った
いつかの君が
原色の夢を語り出す
止め処無く滲む灰色の中
溺れぬように沈まぬように
言葉繋いで

ビルの上から街を見下ろす
家の明かりが星の数ほど
いつかは僕もああなるんだと
思ってるだろ 信じてるだろ
大人の謳う未来なんてさ
くだららないわと唾吐きつけて
幼い僕はそれが答えと
それでいいのさそれが答えだ

幸せですか 幸せですか
鏡に叫ぶ 叫ぶ
幸せですか 声を枯らした
あの日の僕が

生きたいですか 死にたいですか
鏡の向こう首を傾げて
幸せですか 幸せなのか
わからないまま生き延びて

死ぬまで 消えるまで 息をして

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP