秋桜に希望を託して~prologue~

投稿者: usericon彩夏さん

投稿日:2019/11/16 13:36:18 | 文字数:291文字 | 閲覧数:27 | カテゴリ:小説

ライセンス:

『Sapphire』を小説にしたものです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 さあ、といつもより少し冷たい潮風が吹き、わたしの髪と制服を後ろになびかせた。それが合図だったかのように、目の前の雲が割れ、その中から太陽が顔を出す。
 突然現れた光は、わたしには『希望の光』のように見えた。

 視界の横端で色とりどりの秋桜(コスモス)が揺れている。散った花びらが宙に舞い上がり、まるでわたしの旅立ちを祝っているかのようだった。

 ふわりと微笑み、そっと目を閉じる。瞼を通して、光だけが見える。明るくて暖かい、希望の光。
 ピンと船の真ん中で手を伸ばし、光と潮風を一身に浴びる。

「・・・よし、行こう」

 そう小さく呟き、わたしは新しい世界に足を踏み出した。

コラボにいらしてくださった方ありがとうございます。
初めてコラボ立ち上げます。
宜しくお願いします。
最終的にはニコニコ動画やYouTubeへのアップを目指しています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP